西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

身内に不幸があった場合

神棚

最近よく、身内に不幸があった場合の神棚のお祀りの仕方について、電話で問い合わせを受けます。今年身内が亡くなったのですが、正月飾りは遠慮した方が良いのでしょうか、とか、今年は喪中なので新しい御神札(おふだ)を受けるのは控えた方が良いのでしょうか、あるいは、故人が亡くなってから1年間は神棚に半紙を貼っておかなければならないのでしょうか、などといった質問が寄せられます。

身内に不幸があった場合、今回貼付の写真のように、神棚の正面に半紙を貼り、家庭における毎日のお祭りを一時中断するのですが、その中断の期間を何日間とするのかは地方によっても違いがあります。しかし、大体は、身内に不幸があってから50日までが、その中断期間とされています(厳密には、当人と故人との関係によりその期間も異なりますが)。

その50日間は、神社へのお参りを控え(正月を挟んでいる場合は、当然初詣も控えます)、神棚でのお祭りも中断しますが、その50日間が過ぎれば、神社や神棚へは普段と同じように関わって問題ありません。ですから、その50日を過ぎてさえいれば、神社から新しい御神札をお受けしたり、正月に注連縄(しめなわ)を取り替えたりしても、何ら差し支えはありません。ただ、故人が亡くなってからまだ1年経っていない場合は、賑やかな飾り物を付けたり松飾りを立てたりすることなどは、遠慮した方が良いかもしれません。

なお、今回の写真では、半紙をそのままの状態で直接お社に貼っておりますが、小さい神棚などでは、半紙をそのままの大きさで使うと大きすぎる場合もあるので、その場合は適当な大きさに切って使っていただいて構いません。また紙についても、白い紙であれば、別に半紙に拘らなくても構いません。この写真では、お宮に直接半紙を貼っておりますが、天井近くに設置されている神棚の場合は、天井から吊るす形で貼っていただいて構いません。

(田頭)