西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

三大風物

昨日の記事の冒頭では、日本三景(松島・天橋立・宮島)、日本三名山(富士山・立山・白山)、日本三名泉(有馬温泉下呂温泉草津温泉)、日本三名園偕楽園兼六園・後楽園)、日本三大祭り(神田祭祇園祭天神祭)、そして三社(伊勢の神宮石清水八幡宮春日大社)など、日本の代表的な「三大風物」を紹介させて頂きました。

しかし、実際にはこれら以外にも多くの「三大風物」が存在します。そこで今日は、昨日は紹介できなかった「三大風物」のうち、特に知名度の高いと思われる代表的なものを以下に列記してみます。こうしてまとめてみると、実にいろいろな三大風物があるのだなぁ、とちょっと驚きます(まぁ驚く程の事ではないかもしれませんが…)。


【日本三大霊峰】 富士山静岡県山梨県)、白山(石川県・福井県岐阜県)、御嶽山(長野県)

【日本三霊場】 恐山青森県)、高野山和歌山県)、比叡山滋賀県

【日本三大松原】 三保の松原静岡県)、気比の松原福井県)、虹の松原佐賀県

【日本三大渓谷】 奥入瀬渓谷青森県)、黒部峡谷富山県)、大杉峡谷三重県

【日本三大砂丘】 九十九里浜(千葉県)、鳥取大砂丘鳥取)、吹上浜砂丘(鹿児島県)

【日本三大美人の湯】 龍神温泉和歌山県)、湯の川温泉島根県)、川中温泉群馬県

【日本三大夜景】 函館山(北海道)、六甲山兵庫県)、稲佐山長崎県

【日本三大名月の里】 桂浜高知県)、石山寺滋賀県)、姥捨山(長野県)

【日本三大紅葉の里】 日光(栃木県)、嵐山京都府)、耶馬渓大分県

【日本三大桜】 薄墨桜岐阜県)、滝桜福島県)、下馬桜静岡県

【日本三大そばの里】 花巻岩手県)、戸隠(長野県)、出雲島根県

【日本三大酒蔵】 兵庫県)、伏見京都府)、安芸西条広島県

【日本三大五重塔】 羽黒山五重塔山形県)、法隆寺五重塔奈良県)、瑠璃光寺五重塔山口県

【日本三大三重塔】 安楽寺八角三重塔(長野県)、法起寺三重塔奈良県)、一乗寺三重塔兵庫県

【日本三大仏】 鎌倉大仏(神奈川県)、奈良大仏奈良県)、高岡大仏富山県

【日本三名橋】 二重橋(東京都)、錦帯橋山口県)、眼鏡橋長崎県

【日本三大珍味】 からすみ長崎県)、このわた(愛知県)、うに福井県

【日本三大牛】 松阪牛三重県)、神戸牛兵庫県)、近江牛滋賀県

【日本三大ラーメン】 札幌ラーメン(北海道)、喜多方ラーメン福島県)、博多ラーメン(福岡県)


下の写真は、「三大夜景」の一つとされている北海道・函館の夜景(函館山山頂からの眺望)です。函館の夜景は「100万ドルの夜景」とも称され、香港、ナポリと並ぶ「世界三大夜景」の一つにも数えられています。

函館の夜景


ところで、所謂「三大風物」とは異なるのですが、「三大」繋がりという事で(笑)、「日本全国なんでもベスト3」も以下にまとめてみます。ちなみに、「人口が多い都道府県」「人口が少ない都道府県」「人口が多い市」「人口が多い村」の各数値(人口)は、いずれも平成17年の国勢調査の結果に基づく数値です。

【高い山】 《1位》富士山静岡県山梨県、3,776m)、《2位》北岳山梨県、3,192m)、《3位》奥穂高岳(長野県・岐阜県、3,190m)、《備考》日本一低い山としてよく知られているのは大阪市港区にある天保山(てんぽうざん)で、標高は4.53m。但し天保山は築山(人工の山)であり、自然の山で日本一低いのは徳島県徳島市の弁天山(標高6.08m)。

【長い川】 《1位》信濃川新潟県・長野県、367km)、《2位》利根川群馬県・長野県・栃木県・茨城県・埼玉県・千葉県・東京都、322km)、《3位》石狩川(北海道、268km)、《備考》日本一短い川は沖縄県本部町の塩川で、水源から海までの距離は約300m。

【広い湖】 《1位》琵琶湖滋賀県、670平方km)、《2位》霞ヶ浦茨城県・千葉県、220平方km)、《3位》サロマ湖(北海道、152平方km)、《備考》琵琶湖は滋賀県の面積の1/6を占めています

【深い湖】 《1位》田沢湖秋田県、最大水深423m)、《2位》支笏湖(北海道、最大水深363m)、《3位》十和田湖青森県秋田県、最大水深327m)、《備考》ちなみに、東京タワーの高さは333m、札幌テレビ塔の高さは147m。

【浅い湖】 《1位》十三湖青森県、最大水深1.5m)、《2位》印旛沼(千葉県、最大水深1.8m)、《3位》声問大沼(北海道、最大水深2.2m)

【人口が多い都道府県】 《1位》東京都(12,570,904人)、《2位》大阪府(8,817,010人)、《3位》神奈川県(8,790,900人)、《備考》北海道は第7位です(5,627,424人)

【人口が少ない都道府県】 《1位》鳥取県(606,947人)、《2位》島根県(742,135人)、《3位》高知県(796,211人)

【人口が多い市】 《1位》横浜市(神奈川県、3,579,628人)、《2位》大阪市大阪府、2,628,811)、《3位》名古屋市(愛知県、2,215,062)、《備考》札幌市は次点の第4位です(1,880,863人)。但し、通常は「東京23区」を「一都市」として勘定するため、その場合は東京23区が第1位となり、以下一つずつ順位がずれていきます。

【人口が多い村】 《1位》滝沢村岩手県、53,559人)、《2位》読谷村沖縄県、37,301人)、《3位》東海村茨城県、35,559人)、《備考》5万人以上の人口を擁する滝沢村がなぜ「村」なのかというと、単に市への昇格申請をしていないため。ちなみに、最も人口の少ない「市」は北海道の歌志内市(5,221人)。

【都道府県内総生産】 《1位》東京都(81兆8429億円)、《2位》大阪府(38兆2963億円)、《3位》愛知県(33兆9628億円)、《備考》1位・東京都の総生産はスペインや韓国の国内総生産よりも多く、2位・大阪府、3位・愛知県の総生産も、スイス・スウェーデンオーストリアよりも多い。

【温泉の多い都道府県】 《1位》北海道(249箇所)、《2位》長野県(248箇所)、《3位》新潟県(154箇所)

【花粉症の人の割合が多い都道府県】 《1位》山梨県(26.9%)、《2位》長野県(25.9%)、《3位》高知県(25.7%)、《備考》最下位は沖縄県で0.6%

【最高気温が高い都市】 《1位》熊谷市(埼玉県、34.9℃)、《2位》甲府市山梨県、34.6℃)、《3位》京都市京都府、34.5℃)、《備考》総務省の統計による最高気温の月平均に基づくデータ

【年間快晴日が多い都市】 《1位》宮崎市(宮崎県、67日)、《2位》静岡市静岡県、60日)、《3位》千葉市(千葉県、59日)


(田頭)

人気blogランキングへ