西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

橿原奠都の詔

明日(2月11日)は「建国記念の日」です。最近の若い世代の人達は、そもそも「建国記念の日」とは一体何を記念した祝日なのか、その意味も知らない人が多いような気がしますが、一言で言うと「建国記念の日」とは、初代天皇である神武天皇が橿原の地(現在の奈良県橿原市)で御即位された日を、日本が建国された日としてお祝いする祝日です。

奈良時代に成立した日本の官選史書である「日本書紀」の巻第三には、『辛酉年(かのとのとりのとし)の春正月の庚辰(かのえたつ)の朔(ついたちのひ)に、天皇(すめらみこと)、橿原宮に即帝(あまつひつぎ)位(しろしめ)す。是歳(ことし)を天皇の元年(はじめのとし)とす』と記され、神武天皇橿原宮にて御即位された日が明らかにされており、明治時代になって、その日を太陽暦に換算して算出されたのが2月11日です。そのため、明治6年から昭和23年まで、毎年2月11日は、神武創業(日本建国)の古を偲び国を愛する心を養う日として「紀元節」という名の祝日だったのですが、昭和23年、紀元節は「神道指令の趣旨から存続は許されない」というGHQの強い意向によりに廃止されてしまいました。

しかし、その後、紀元節の復活を求める運動が全国各地で活発に起るようになり、多くの国民の支持や協力を得て「建国記念の日」として紀元節を復活させるための法案が国会に提出され、昭和41年に「建国記念の日」が新たに制定され、それを受けて翌42年、名称を変えて紀元節が祝日として復活したのです。ですから「建国記念の日」とは、偉大な建国の大事業に感謝しつつ、その精神の継承を期して、国民が一丸となってお祝いをする日なのです。

以下は、「日本書紀」巻第三に記されている「橿原奠都の詔」(かしはらてんとのみことのり)です。当社の御祭神・鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)の第四子であられる神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)が、大和をほぼ平定した後に下されたこの詔により、橿原の地に都が造られ、神日本磐余彦尊は初代天皇神武天皇)として御即位されたのです。なお以下の詔では、PCで漢字変換できない文字については平仮名に置き換えさせて頂きました。御了承下さい。

我(あれ)東に征きしより茲(ここ)に六年(むとせ)になりぬ。皇神(あまつかみ)の威(いきおい)を頼(かがふ)りて、凶徒(あたども)就戮(ころ)されぬ。辺土(ほとりのくに)未だ清(しずま)らず。余(のこりの)妖(わざわい)尚梗(なおこわ)しといへども、中州之地(なかつくに)また風塵(さわぎ)なし。誠によろしく皇都(みやこ)を恢廓(ひらきひろ)め、大壮(みあらか)を規(はかり)つくるべし。而(しか)して今、運屯蒙(ときわかくくらき)にあひ、民(おおみたから)の心(こころ)朴素(すなお)なり。巣にすみ穴にすむ習俗(しわざ)、これ常となれり。それ大人(ひじり)の制(のり)を立つ。義(ことわり)かならず時に随ふ。苟(いやし)くも民に利(かが)有らば、何ぞ聖(ひじり)の造(わざ)に妨(たが)はむ。また当(まさ)に山林を披(ひら)き沸(はら)ひ、宮室(おおみや)を経営(おさめつく)りて、恭(つつし)みて寶位(たかみくら)に臨み、以て元元(おおみたから)を鎮むべし。上(かみ)はすなはち乾霊(あまつかみ)の国を授けたまひし徳(みうつくしび)に答へ、下(しも)はすなはち皇孫(すめみま)正(ただしき)を養ひたまひし心(みこころ)を弘(ひろ)めむ。然して後に六合(くにのうち)をかねて以て都を開き、八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と為(せ)むこと、また可(よ)からずや。かの畝傍山(うねびやま)の東南(たつみのすみ)の橿原(かしはら)の地(ところ)を観れば、蓋(けだ)し国の墺區(もなか)か。治(みやこつく)るべし。

この詔を現代語に訳すと、概ね以下のようになります。

東征についてから6年になった。天津神の威勢のお蔭で凶徒は退治された。しかし周辺の地はまだ治まらない。残りの災いはなお根強いが、内州の地は騒ぐものもない。皇都(みやこ)を開き広めて御殿を造営しよう。今世の中はまだ開けていないが、民の心は素直である。人々は巣に棲んだり穴に住んだりして、未開の慣わしが変わらずにある。そもそも大人(聖人)が制(のり)を立てて、道理が正しく行われる。人々の利益となるならば、どんな事でも聖(ひじり)の行う業(わざ)として間違いはない。まさに山林を開き払い、宮室を造って謹んで尊い位につき、人々を安ずべきである。上は天津神の国をお授け下さった御徳に応え、下は皇孫の正義を育てられた心を広めよう。その後国中を一つにして都を開き、天の下を覆いて一つの家とする事は、また良い事ではないか。見ればかの畝傍山の東南の橿原の地は、思うに国の真中である。ここに都を造るべきである。

明日は当社でも、神武天皇の建国創業の御神徳を景仰して、午前11時から「紀元祭」という祭典が斎行されますが、当社に限らず全国の神社でも、名称は違えども明日は同趣旨の祭典が斎行されます(なお、当社では昨年までは「建国記念祭」の名で斎行しておりました。「紀元節祭」や「建国記念の日奉祝祭」等の名で斎行する神社もありますが、全国的には「紀元祭」という名が最も一般的と思われます)。

ちなみに、東京では明日の午前10時から、首都圏10大学の吹奏楽部や14基もの御神輿が参加する「建国記念の日奉祝パレード」が行われ、約4,500人に及ぶ一行が明治公園から明治神宮前までの約3kmの道のりを盛大に行進するそうです。また午後1時からは明治神宮会館に於いて、神社本庁も参画する「日本の建国を祝う会」の主催により、天皇陛下の御即位二十年と天皇・皇后両陛下の御結婚五十年を併せてお祝い申し上げる奉祝中央式典が開催される予定で、同式典では出席者全員で、神武天皇が御即位された橿原宮の跡地に建つ橿原神宮を遙拝し、国歌を斉唱した後、主催者を代表して「日本の建国を祝う会」会長の小田村四郎・前拓殖大学総長が挨拶し、また、安倍晋三元首相による「美しい国戦後レジームからの脱却」と題した記念講演も行われるそうです。

札幌でも、明日は午後1時からロイトン札幌に於いて、日本会議北海道本部の主催により「建国記念の日奉祝道民の集い」が開催され、午後3時半からは、ロイトン札幌から大通西4丁目(北大通)までの間で奉祝パレードが行われる予定です。

明日は国民皆で盛大にお祝いしましょう!

(田頭)

人気blogランキングへ