西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

西野神社の十二支の御朱印が紹介されました

ダイヤモンド・ビッグ社から今月13日に出版された書籍「地球の歩き方 御朱印シリーズ06 日本全国 この御朱印が凄い! 第弐集 都道府県網羅版」の中で、西野神社の十二支の御朱印が紹介されました。

「日本全国 この御朱印が凄い! 第弐集」 表紙

西野神社の十二支の御朱印は、平成17年に西野神社創祀120年を祝し拝殿の梁に十二支の木彫を取り付けた事を記念して奉製した御朱印で、神社の社名が中央に大きく記される通常のタイプの御朱印とは異なり、十二支の動物を象った図(十二種類のいずれかひとつ)が中央に押印されます。
この御朱印は、十二支の数に応じて全部で十二種類あるため、十二種類全ての御朱印を受けるため、毎月1日にこの御朱印を受けに当社に来られる参拝者も少なくはありません。

下の写真が、西野神社の十二支の御朱印が紹介されているそのページで、このページに掲載されているのは、十二支のうちの「未」の御朱印です。なお、この写真はクリックすると拡大表示されますので、是非拡大の上御覧下さい。

「日本全国 この御朱印が凄い! 第弐集」 西野神社紹介ページ

以下の文章(鉤括弧内の緑文字)は、このページに記されている、西野神社の十二支御朱印の紹介文です。
「干支に伝わる御利益を授かってほしいとの願いから、干支の御朱印を授与しています。拝殿に干支の木彫が施されているのですが、その木彫の彫師が書いた原画から印を作りました」。
干支の御朱印はその年の干支はお正月、その他は毎月1日にその日の干支の御朱印が受けられます。例えば1日が「う」の日なら卯、「とら」の日なら寅の御朱印となります。十二支全部の御朱印を揃えるには12年間か、あるいは1年間毎年1日に参拝しなければならないというわけです。

この十二支の御朱印を受けに来られる方は、自分の当たり年の御朱印は勿論、十二支全ての御朱印を受けられ、十二支のあらゆる御利益を得られますよう御祈念下さい。
ちなみに、この本で紹介されている道内神社の御朱印は、当社と、稚内市に鎮座する北門神社の2社だけでした。


(田頭)

人気blogランキングへ