西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

盤渓北ノ沢トンネルが今月開通しました

私は平成18年3月23日付の記事で、札幌市の中央区と南区の区境にある、道々西野真駒内清田線の「こばやし峠」がトンネル化されるという事を書かせて頂きましたが、あの記事をアップしてから約11年の月日を経て、今月3日、ついに、中央区盤渓と南区北ノ沢を結ぶそのトンネル「盤渓北ノ沢トンネル」が開通しました。
トンネルの全長は、札幌市内のトンネルとしては最長となる約1.6kmで、中央区と南区を結ぶ新たな幹線ルートが完成した事になり、このトンネルを通る事により、今後は西区と南区の間も、市内中心部を通らずによりスムーズに移動が出来るようになります。

前出の記事をこのブログにアップした11年前の時点(その当時の私は南区真駒内に住んでいたため、毎日車でこばやし峠を越えて当社へと通勤していました)では、開通予定はもっと早く、平成21年度とされ、トンネルの全長も約1.2kmと今よりも短くなる予定だったので、実際には開通に至るまでいろいろと紆余曲折があったという事になるわけですが(完成が大幅に遅れた主な要因は、土壌から検出された有害な重金属の処理方法などを巡る問題でした)、兎も角、無事に開通を迎える事が出来、私も嬉しく思います。

「盤渓北ノ沢トンネル」ルート図

私は昨日、初めてそのトンネルを自分の運転する車で走ってきました。このトンネルを通る事により、急勾配・急カーブが続く従来のこばやし峠ルートを回避する事が出来、路面凍結等により特に危険度が高くなる冬期でも、車を使って当社氏子地域一帯(西野・平和・福井)から、中央区の盤渓を経由して南区へと抜ける事が容易になったので、当社の氏子さん達にとっても利用価値は高いと思います。

ちなみに、峠を回避したりショートカットする新道が建設された場合、それまで使われてきた旧道は廃道となる事が多いですが、今回のケースでは、峠付近の沿道に民家やその他の建物が点在する事もあって、旧道はそのまま残りました。
以下の図では、赤線が今月開通したトンネル、黄色線が、そのトンネルに連絡する道路(トンネルと同時に開通)で、青線が、こばやし峠を越える旧道です。

「盤渓北ノ沢トンネル」ルート図


(田頭)

人気blogランキングへ