西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

西野神社職員紹介

ネットで検索していてたまたま見つけたのですが、「札幌ブログ面白リンク選2008年」というブログの以下の記事で、この「西野神社 社務日誌」が紹介されていました。

http://ssapporoblog.blog35.fc2.com/blog-entry-24.html

質問にも答えてくれる親切っぷり!宮司自らかどうかは分からないが非常に親切丁寧なのが印象的です。内容は難しいモノも多いですが、アニメ紹介なんかは、とっても親近感が持てます』と、このブログを好意的に紹介して下さっています。感謝です!ちなみに、ここでいう「アニメ紹介」というのは、「ザ・コクピット」を紹介した先月23日の記事の事ですね。

ただ、文中には「宮司自らかどうかは分からないが」とありますが、このブログを担当している私(田頭)は宮司ではありません。このブログには今までも、私に対して「宮司さん」と呼びかけるようなコメントが付いた事があり、私の事を宮司と思っている方がたまにおられるようですが、私は、当社の神職4人の中では一番下っ端の職員であり、はっきり言って一社の代表たる宮司の地位からは間違いなく一番遠い立場の人間です(笑)。

とはいえ、実際の所、私としては宮司と間違われてもそれにより著しい不都合・不具合・不利益が生じる事は特にないのですが(少々こそばゆくはありますが)、しかし、私のような青二才の若造が当社の宮司であると思われる事は、少なくとも当社や宮司本人にとってはかなり傍迷惑な事かもしれず、また、迷惑をかけるかけない云々は別にしても、このブログを読んで下さる方に無用な誤解を与えてしまう事はやはり避ける必要があり、そのため、宮司や私を含む当社の人間関係やその序列を今一度このブログで読者の皆様にはっきりと明示させて頂く必要があるかもしれない、と最近ちょっと感じていました。

そういった事から、今更ではありますが、今日は改めて、当社の須浪宮司宮司の奥さん、名前だけはこのブログにも時々登場してきた松澤権禰宜、このブログを書いている私、以上の4人について、簡単な紹介をさせて頂きます(下の写真の左から、宮司、私、松澤権禰宜です)。ちなみに、「宮司」や「権禰宜」という地位やその語句の意味については、一昨年3月18日付の記事を御参照下さい(「権禰宜」は「ごんねぎ」と読みます)。

授与所での作業


【宮司・須浪】 西野神社の代表者。階位は「明階」で神職身分は「二級」。北海道神職神輿連絡会の事務局長でもあり(昨年再任されました)、昨年度までは「神社本庁教誨師」も務めていました。宮司は、“聖”の立場から西野神社における祭祀・神事を司ると共に、“俗”の立場から神社という法人の代表役員として神社の維持・管理のため対外的には法人を代表する活動を行ない、対内的には氏子・崇敬者、役員、総代といった様々な立場の人々を統括し調整する、聖俗両面の重大な責任を負っています。

【権禰宜・須浪】 宮司の奥さん。当社の権禰宜の筆頭。北海道女子神職協議会会員。元、北海道神宮の職員(巫女さん)。私にとっては祭祀舞の先生でもあります。

【権禰宜・松澤】 当社の権禰宜の次席。人生においても神職経歴においても私にとっては大先輩に当る頼りになる人です。宮司とほぼ同じ年齢で、私同様、社家の出身ではありません。

【権禰宜・田頭】 私。青年神職文月会幹事。北海道神道青年協議会会員。現代神社と実務研究会会員。靖國神社崇敬奉賛会会員。北海道神宮さざれ石会会員。世界宗教者平和会議日本委員会賛助会員。西野神社のサイトを構成するコンテンツのうち、このブログと西野神社アルバムの二つを担当しています。

ちなみに、原則として当社のBBS(電子掲示板)に寄せられた御意見や御質問に対しては宮司が答え、このブログに寄せられた御意見や御質問に対しては私が回答しております。また、当社のメルアドに送信されたメールは全て宮司のPCで受信し、私宛てに送信されたものについては宮司のPCから転送される形で私に届きます。この点も御承知おき下さい。


(田頭)

人気blogランキングへ