西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

伊予様が当社に来て下さいました

「伊予」というハンドルネームでこのブログによくコメントを付けて下さる、この「西野神社 社務日誌」の読者さんが、今日の昼過ぎ頃、奥様と一緒に当社にお参りに来て下さいました。伊予様は、当社には以前にもお参りして下さった事があるそうで、また、先日は郵送にて当社にお酒を奉納して下さるなどして戴いたのですが、私にとって、実際に伊予様とお会いするのは今日が初めてでした。

折角なので、伊予様と奥様には拝殿内で正式参拝をして戴き、その後、社務所の応接室にて、伊予様御夫婦と当社の宮司と私の4人で、1時間半程歓談させて頂きました。ブログに付けて戴いた過去のコメントの内容から、伊予様は神道や神社、歴史や古典などに造詣が深く、信仰心も篤いらしい、という事は以前から私も分かっておりましたが、実際にお会いしてみると、やはり見聞が広く、物腰もとても柔らかで、穏やかながらもかなりしっかりとした意思が感じられ、正に「紳士」を絵に描いたようなイメージの素敵な方でした。

各地の神社仏閣を参拝された様子、御自身の祖先のルーツ、古代史についてなど、いろいろと興味深いお話をして下さり、私は宮司と共にそれらのお話を拝聴させて頂いたのですが、私としては、最も印象に残ったのは(というよりも驚いたのは)、伊予様の息子さんも実は神職であるという話、しかも、私と全く同様、息子さんは社家出身ではなかったものの京都國學院に入学して神職としての階位を取得された、というお話でした。

いろいろとお話を聞くと、その息子さんは、第97期卒業生である私より3期上の先輩に当たる第94期卒業生のようで、京都國學院は2年制の養成機関であるため私と在学期間は重なっていないのですが(ですから残念ながらお会いした事は一度もありません)、私としては、全国に数箇所しかない神職養成所の中でも特に同じ養成所の出身として、一面識もないにも拘らず、その息子さんにとても親近感を感じてしまいました(笑)。私は、大阪市都島区に鎮座する淀川神社のF宮司さん(一昨年3月24日付の記事今年3月21日付の記事などで紹介させて頂いた女子神職のFさんです)とは、時々電話やメールなどで連絡を取らせて頂いているのですが、伊予様の息子さんは、在学中はそのF宮司さんと同期だったようでした。

そういった事から、伊予様御夫婦とは思いがけず、京都國學院での学生生活、学生寮、近畿圏各神社への実習などについて、いろいろとお話をさせて頂きました。伊予様は、息子さんの同期は大変団結力が強かった、という事と、息子さんは京都での2年間でとても貴重な経験をされた、という事を仰っており、私は、自身の学生時代を懐かしく思い返しながら、それらのお話を大変興味深く聞かせて頂きました。

伊予様、奥様、今日は、遠い所からようこそ当社にお越し下さいました。宮司も私も、今日はとても楽しい一時を過ごさせて頂きました。是非また当社にお越し下さい。これからも宜しくお願い致します!

(田頭)

人気blogランキングへ