西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

扇風機による死亡事故

古い扇風機

熱いこの時期、扇風機やクーラーなどの冷房機器は欠かせません。当社でも毎年夏は扇風機を出して使っており、今年6月末には、拝殿用に新たに大型扇風機を導入しました。扇風機は、適切に使えば実に安全・快適な冷房機器です。しかし、使い方を誤ると大変な事態になってしまう事もあります。扇風機により過去何度も死亡事故が起こっているのを御存知でしょうか。

私はたまに、「西野神社」という言葉で検索するとどういったページがヒットするかをいくつかの検索エンジンを使って確認しているのですが、先日たまたま、ベストアンサーに選ばれた回答にこのブログにリンクが張られていた事から、以下のページ(YAHOO!知恵袋)がヒットしました。このページでも、扇風機による死亡事故について取り上げられていました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112473731

また、YAHOO!知恵袋には、以下のような質問と回答も掲載されていました。この質問者は、扇風機の風を受けたまま寝ていて亡くなってしまう事があるというのはデマである、と決めつけています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1427647799

この質問で事例として挙げていた「顔が変形する」という話は私も聞いた事ありませんが、扇風機の風を浴び続けたまま寝ていて亡くなってしまう事があるというの事実です。勿論、「自分は、夏は毎晩扇風機の風を浴びながら寝ているけどピンピンしているぞ」という人だっているはずでしょうし、実際、確立でいえば扇風機の風を受けたまま寝ても死なないほうが明らかに高いのは確かですが、それを以て“絶対安全である”という証明にならないのは言うまでもありません。

この質問者は、「僕がメーカーさんに問い合わせても、一同にあり得ないと言います。なぜなら、扇風機の風は自然の風と同じものであり、自然の風を強制的に起こしているだけだから、と。」というメーカー側のコメントを根拠にこれらの事故をデマと断定していますが、そもそも、扇風機を製造しているメーカーが「自社製品は死をもたらす危険な商品です」なんて言う事がないのは当たり前です。ちなみに、監察医として解剖5,000体以上、検死15,000体以上の死体を見てきた、元東京都監察医務院長の上野正彦さんは、自著「死の雑学」の中で、その原因について触れた上で「扇風機の冷風を浴び続けると死んでしまう事がある」と明言しています。

ところが、最近は扇風機を製造しているメーカーでも注意を促す、冷風による事故とは全く別のタイプの、扇風機による死亡事故が発生しています。扇風機からの出火が原因による火災の死亡事故です。以下は、『古い扇風機ご用心、「出火」相次ぎ火災8件も』というタイトルで昨日ネット上にアップされてた、読売新聞の記事です。

例年にない猛暑が続く中、古い扇風機の出火事故が相次いでいる。経済産業省所管の独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)の調べでは、扇風機でモーター部分がショートするなどして起きた発火や火事が6月以降、8件発生。そのうち6件は、10年以上前から使用されている扇風機によるものだ。NITEでは「あまりの暑さで、古い扇風機を押し入れから出す家庭も多いと思うが、まずはおかしな点がないか点検して」と呼びかけている。

NITEによると、扇風機による発火事故は2009年3月までの5年間に105件発生し、3人が死亡、10人が重軽傷を負っている。このうち70件が10年以上使った扇風機によるものだった。長年使用してモーターのコイルがすり切れ、ショートしたケースが多い。

近年、製造から30年以上経過している扇風機からの出火事故が多発しており(モーター、コード、コンデンサーの劣化により発煙・発火します)、古い扇風機を使っている方は特に注意が必要です。なお、扇風機の出火事故については以下のページで詳しく解説されていますのでこちらも御参照下さい。

http://news.livedoor.com/article/detail/3281034/
http://news.livedoor.com/article/detail/3281684/

ただ、扇風機を買ってきた後は一度も説明書を読まず、一度も扇風機を点検した事も掃除をした事もなく、そうであるにも拘わらず耐用年数を超えてもその扇風機を使い続ける、というユーザー側の態度にも問題が無いとはいえません。30年も前の扇風機を現役で使い続けている事自体が既に“自己責任”と言えなくもないのです。最近は、以下のページのように、メーカーによっては「30年以上の扇風機の使用停止」を呼び掛けている所もあります。

http://jp.sanyo.com/news/old/0708news-j/0823-1.html

当社で使っている扇風機も旧式のものですが、万一の事態に備え、十分注意をしながら使用しています。

(田頭)

人気blogランキングへ