西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

当社を紹介して下さったブログの紹介

西野神社」という単語でネットを検索してみると、いくつかのブログが検索エンジンに引っ掛かりました。そこで今日は、先月の18日から今日までにアップされた、当社について触れられた各ブログの記事の一部を、その日付順に以下に紹介させて頂きます。以下の各URLをクリックするとそれぞれのブログにジャンプします。


http://yaplog.jp/aloha165mahalo/archive/912
 雨天だったにも拘わらず、「縁結びで有名な神社」という評判を聞いて、当社にお参りに来て下さったそうです。「行ってみて良かったと思える場所でした」と感想を書いて下さっており、そのように感じて戴き私も嬉しく思います。


http://blue.ap.teacup.com/gotenzan/308.html
 当社総代のDさんが書かれた、今年の西野神社秋まつりについての記事です。秋まつりでは、Dさんは総代として、総務部長として、祭典の典儀(司会)として、大活躍をして下さいました。Dさん、秋まつりでの御奉仕、大変お疲れ様でした!


http://la80black.blog32.fc2.com/blog-entry-813.html
 子宝祈願をするため、情報誌に掲載されていた情報を元に、当社にお参りに来て下さいました。早く子供を授かるといいですね!


http://blog.goo.ne.jp/yasu_1954/e/7f6dffd2338cd94031ec6a56c3f15f1e
 パワースポット巡りをしようと思いたち、御夫婦で、北海道神宮と当社の2社をお参りされたそうです。お参りした後は、それまで具合が悪かった頭が軽くなったとの事です。良かったですね!


http://yuzudoofu.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
 当社の越川権禰宜が斎主として奉仕した地鎮祭を、建主の立場から、かなり詳細に解説されており(これから地鎮祭に臨むに当たっての心構えや熱い思いも吐露されております)、記事の最後のほうには、「若いけれど、とても立派な神主様でした」とも書いて下さっています。越川権禰宜、良かったね(笑)。ちなみに、この記事の写真では、鍬と鋤を(こも)の上に寝かせていますが、これは、この時は風がかなり強かったためで、通常は鍬と鋤は祭壇に立てかけています。


http://blog.livedoor.jp/clinic_sukegawa/archives/52923822.html
 整形外科医院のリハビリテーション科のスタッフさんのブログです。縁結びを祈願するため、当社にお参りに来て下さったそうです。


http://keisuzuran.exblog.jp/13693779/
 先月28日付の記事で詳しく報告させて頂いたように、先月、当社境内STVラジオ番組の中継(生放送)が行われたのですが、この記事には、その中継の際に当社境内で撮影された演歌歌手 山内惠介さんの写真がアップされています。この時の中継では、沢山のファンの皆さん方が山内さんの写真を撮っておりました。


http://ameblo.jp/inasayama1528mjrsrhn/entry-11033625034.html
 先月25日付の記事で詳しく報告させて頂いたように、先月当社に、シンガーソングライターや俳優などとして多方面で活躍されている福山雅治さんがお参りに来られたのですが、東京在住のこのブログの管理人さんは、福山さんの足跡を辿って当社にお参りに来られたそうです。当社で撮影した写真を沢山アップして下さっています。


http://ameblo.jp/roger-oh/entry-11040090185.html
 「ROGER 大谷地店」という、白石区大谷地にあるヘアサロンのブログです。仕事がお休みの日に、店員さん同士で当社にお参りに来て下さいました。当社をお参りした後は、定山渓温泉に行って足湯にも浸かってきたそうです。


http://uyopon.tea-nifty.com/cap/2011/10/post-cb5b.html
 女性4人で当社にお参りされたそうです。犬をモチーフとしている創祀百二十年記念碑見て、「わんこです。干支の犬がいます。????? 神社で犬? キツネじゃなくて??よく解らん・・・」との感想を持たれたようですが、境内に狐の石像があるのは、狐を神使とする稲荷大神(所謂お稲荷さん)をお祀りしている神社だけで、その他の神社では、むしろ狐の像はないのが普通です。ちなみに、当社の創祀百二十年記念碑が犬をモチーフとしているのは、当社でお祀りしている主祭神 豊玉姫命の代表的な御利益が安産であり、犬は安産の象徴とされているからです。こういった事情は、参拝者に対して神社側でも積極的に説明をする必要があるのかもしれませんね。


http://blog.goo.ne.jp/malcolm_x/e/89c6b948f10393bf99b95e4a2d872488
 この記事の中には、「北海道の西野神社の田頭宮司によれば、戦前は、祝詞が読めるくらいで誰でも神主になれていたそうです」と書かれており、それを読んだ私は思わず「えぇ!?俺はそんな事言ってないよ!だいたい俺、宮司じゃないし!」と心の中で突っ込んでしまいました(笑)。戦前であろうと戦後であろうと、ただ祝詞が読めるというだけでは神主にはなれません。もしかすると、過去に、このブログにそういった事を書いた事があったのかなとも思いましたが、しかし、もう何年も前からこのブログに表紙にずっと「このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログではなく掲示板の方にお願い致します」と書いているので、私を宮司と誤認している(つまりこのブログの表紙を見た事がない)という時点で、この人は、このブログは読んではいないようです。なぜ私の名前を出すのか、全く理解できません。ちなみに、私は神職(神主)ではありますが、職階権禰宜であり、一社の代表である宮司ではありません。


(田頭)

人気blogランキングへ