西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

神葬祭を御奉仕してきました

一昨日と昨日は、二日間に亘って神葬祭を御奉仕させて頂きました。私はつい数日前にも、別の神社が斎行する通夜祭(但しその神社での同祭の呼称は前夜祭)で祭員として助勤させて頂きましたが、今回は当社が受けた葬儀で、当社宮司と私との二人で粛々と御奉仕をさせて頂きました。

一昨日は午後6時から通夜祭が、昨日は午前10時から葬場祭・発柩祭が、正午頃から火葬祭が、午後3時半頃から帰家祭が、それぞれ執り行われました。下の写真は、鏡を介して私が自分のスマホで自撮りしたもので、通夜祭、葬場祭、発柩祭では、この鈍色の布衣を着て御奉仕させて頂きました(帰家祭ではこの装束ではなく浄衣を着ました)。

鈍色の布衣

発柩祭の後に火葬場の告別室で行われる火葬祭は、当社の場合、通常は祭員(斎主ではない神職)が一人で奉仕するのですが、今回は事情により、祭員の私ではなく斎主である宮司が火葬場に行って奉仕をしてきました。ただ、昨日は友引明けだったので、やはり火葬場は混んでいたらしく、御遺族の方々は火葬場に着いてからバスの車内で暫く待たされ、更に収骨するまでもまた待たされ、そのため当初午後2時頃から始まる予定だった帰家祭は大幅に遅れ、3時半過ぎに始まりました。

ちなみに、葬儀場の神職控室では、一昨日も昨日も天井のスピーカーから、耳を澄ますと微かに聞こえるという程度の小さな音量ではありましたがずっとオルゴールのBGMが流れていました。よく聴くと、「カントリー・ロード」や「いつも何度でも」など、宮崎アニメの主題歌でした。発柩祭が終わった後、火葬場に行かない参列者達は葬儀場で故人と最後のお別れをするのですが、その際には葬儀場のスピーカーから中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」(NHKのドキュメント番組「プロジェクトX」のエンディングテーマだった曲です)が流れていました。これはオルゴールのBGMではなくオリジナルの曲で、勿論歌付きで、音量もほぼ普通の大きさで流れていました。

(田頭)

人気blogランキングへ