西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

阪神・淡路大震災から今日で丁度20年

丁度20年前の今日、平成7年1月17日の午前5時46分、兵庫県淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の大地震が関西地方を襲い、死者6,434名(そのうち災害関連死による死者は919名)、行方不明3名、負傷者43,792名、全半壊家屋合計249,180棟(約46万世帯)、一部損壊家屋390,506棟、被害総額は9兆9,268億円(国予算のほぼ1割の規模)という甚大な被害を出す、未曾有の大惨事となりました。「阪神・淡路大震災」です。
戦後に発生した地震災害としては東日本大震災に次ぐ規模で、国内史上初の震度7が観測された巨大地震でもあり、当時は日本国内のみならず世界中に大きな衝撃を与えました。

阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災

関東大震災での死者の大半は地震発生に伴う火災による焼死(約10万人)で、東日本大震災での死者の大半は地震発生に伴う津波による水死(1万5千人以上)でしたが、阪神・淡路大震災では、死者の80%相当(約5,000人)は建築物の倒壊による窒息や圧死で、木造家屋の1階では、就寝中に即死した人が多かったとされています。
関東大震災と比較すると火災の被害は少なかったものの、実際には、地震に伴って火災も多数発生しており、阪神・淡路大震災での出火は285件と報告されています。しかも、それらの出火は同時多発的に発生した事もあって、消火は困難を極め、焼失面積は合計で70ヘクタールに及びました。

死者の県別内訳では、兵庫県が99.5%を占め、震災の死者はほぼ兵庫県一県に集中しました。県内で最も多くの死者が出たのは、関西圏を代表する中核都市のひとつである、150万都市の神戸市で、神戸では4,564人もの人々が命を奪われました。ちなみに、神戸市でも最も死者が出たのは東灘区(1,469人)でした。年齢別では、神戸市内の死者の6割は、60歳以上の高齢者が占めました。
改めて、震災で亡くなられた方々の御霊の安らかなる事、心よりお祈り申し上げます…。

阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災


阪神・淡路大震災から丁度20年が経つ今日、神戸市中央区兵庫県公館では、天皇・皇后両陛下も御出席されての追悼式典が行われ、遺族や政府の関係者など約500人が参列し、正午丁度に全員で黙祷が捧げられました。
また今日は、当時の被災地を中心に全国各地で、地震が起きた午前5時46分に合わせて追悼行事が行われ、神戸市中央区の公園「東遊園地」では多くの遺族や市民達が、「1.17」の形に並べられた竹の灯籠に灯されたロウソクの火の前で、鎮魂の祈り込めて黙祷を捧げるなどしました。

阪神・淡路大震災 犠牲者追悼と復興への願い

阪神・淡路大震災 犠牲者追悼と復興への願い

阪神・淡路大震災 犠牲者追悼と復興への願い

神社界では、「一千人の大祓 〜近畿は一つ〜」と題する、近畿2府4県の若手神職達が所属する神道青年近畿地区連絡協議会の事業として、「近畿地区一円で1,000名が大祓詞を奏上する」を目標に、地震発生時刻の本日午前5時46分に合わせて、同協議会の所属神職や同事業の主旨に賛同する神職達が奉務する各神社の社頭で、「1分間の黙祷を捧げた後に大祓詞を奏上する」という形での追悼が行われました。
私がかつて神務実習をしていた京都府八幡市石清水八幡宮でも、今日は同時刻に、同宮の神職一同と、同宮で実習している京都國學院の学生達が、共に大祓詞を奏上したそうです。

「一千人の大祓 〜近畿は一つ〜」


阪神・淡路大震災は、日本の防災対策にも大きな影響を与え、同震災を切っ掛けとして全国で建物の耐震化が進められ、被災者を支える災害ボランティアの重要性も広く知られるようになりました。被災地には1年間で100万人以上のボランティアが駆けつけ、がれき処理などを行ない、同震災の年は「ボランティア元年」とも云われました。
一方で、住まいを失った人達が暮らす復興住宅では、2人に1人が65歳以上になり、住民同士の支え合いが困難となり、孤独死が相次ぐなどの問題も起きています。神戸市では、震災を経験していない市民の割合が4割を超えるようになり、6年後にはその割合は5割を超えると算出されており、「若い世代への震災の記憶の継承」も大きな課題となっています。

震災を決して風化させないためにも、微力ながら私は、今後も引き続き各ブログやツイッター、SNS等で、阪神・淡路大震災東日本大震災についての情報を積極的に発信し続けていきます。


(田頭)

人気blogランキングへ