西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

70回目の終戦記念日

今日は、70回目の終戦記念日です。
戦争で亡くなった英霊をお祀りする東京の靖國神社や全国の護国神社には、いつもにも増して多くの参拝者が訪れ、また、日本武道館では今年も例年通り、天皇皇后両陛下をお迎えして全国戦没者追悼式が政府の主催により開催され、安倍晋三内閣総理大臣や各界代表者、全国各地の遺族ら約7千人が参列し、正午には、参列者全員により約310万人の大東亜戦争戦没者(軍人・軍属約230万人と民間人約80万人の御霊)に対して1分間の黙祷が捧げられました。

平成27年 全国戦没者追悼式

平成27年 全国戦没者追悼式

黙祷 政府広報

私も今日は正午に、当社にて黙祷を捧げ、70年前の今日終結したあの戦争で戦場に斃れられた御霊(みたま)、戦禍によって命を落とされた御霊に思いを致しました。


そして、当社での社務を終えた後、私は札幌市内に鎮座する護国神社へ行って、戦争で散華された英霊に感謝のお参りをしてきました。下の写真は、今日私がお参りしてきた護国神社の様子です。
今日の午前中、同神社では「終戦七十年奉弊臨時大祭」が斎行されたそうで、参拝者はいつもにも増して多かった思われますが、私がお参りに行ったのは午後6時過ぎだった事もあって境内は人も少なく、ゆっくりとお参りする事が出来ました。私は、終戦記念日は毎年護国神社へお参りに行っておりますが、今年も、心静かに厳粛な気持ちで英霊にお参りさせて頂きました。

終戦記念日の札幌護国神社

終戦記念日の札幌護国神社


護国神社をお参りした後は、同神社のすぐ前を流れる鴨々川で日蓮宗の某寺院により行われていた、全国戦没者の御霊や各家庭の御先祖様を弔うための「灯篭流し」を見てきました。
この時期の風物詩ともいえる灯籠流しは、お盆の行事「送り火」の一種で、死者の魂を弔って灯籠を海もしくは川などに流す仏事です。

鴨々川の灯篭流し

鴨々川の灯篭流し


普段は、日々の仕事や家事等に追われて何かと忙しく、70年前の激動の時代を振り返る機会などはほとんど無いという方も、終戦記念日でありお盆の中日でもある8月15日というこの特別な日(しかも今年は終戦から丁度70年という節目の日)には、過去の日本を振り返って先人達の尊い犠牲に哀悼の念を捧げ、また、自分の御先祖様にも格別に崇祖の念を抱くべきかと思います。


(田頭)

人気blogランキングへ