西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

昭和の日

昭和天皇

今日(4月29日)は、国民の祝日のひとつである「昭和の日」です。

そもそも4月29日は昭和天皇の御誕生日であり、そのため昭和の御代(昭和元年12月25日から昭和64年1月7日までの62年と14日)ではこの日は「天皇誕生日」という名の祝日でした。
しかし、昭和64年1月7日、昭和天皇崩御され、同日、今上陛下が践祚されて昭和から平成に改元されてからは、祝日としての「天皇誕生日」は今上天皇の御誕生日である12月23日に移動し、そに伴い4月29日は「みどりの日」という名の祝日に変わりました。
みどりの日」の由来は、昭和天皇生物学者でもあり、こよなく植物を愛されたという理由によるもので、つまり、平成の御世になってからも4月29日は引き続き祝日としては残ったものの、祝日としての名称や趣旨は従前とは全く異なるものになったのです。

そのため、「昭和天皇をお偲び申上げ、昭和の苦難と復興を顧み、国の将来に思いを馳せる」という趣旨から、4月29日を「昭和の日」という名の祝日に変えようという運動が全国規模で起こるようになりました。
昭和天皇の御聖徳をお偲び申上げ、戦争と復興に象徴される激動の昭和の御代を顧みるには、やはり「昭和」を冠した祝日名が相応しいと多くの人達は考えたのです。

そういった経緯を経て、終戦から丁度60年目という節目に当たる平成17年、参議院本会議に於いて改正祝日法が可決され、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日」として「昭和の日」の制定が正式に決まり、平成19年から4月29日は「昭和の日」と改められ、それに伴い「みどりの日」は5月4日に移動する事になり、今日に至っています。

「昭和の日」今日は、皆様方に於かれましても是非、最寄りの神社の社頭、もしくは御家庭の神棚の御前にて、60年以上の長きに亘って国民を導き歩まれた昭和天皇の御聖徳を偲び奉ると共に、昭和天皇のみ心をお心として日々御公務に精励遊ばされている今上陛下の御健勝お祈り申し上げ、そして、国の将来に思いを致しましょう。
4月29日は決して、単なる“ゴールデンウィークの始まりの日”ではありません!


(田頭)

人気blogランキングへ