西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

初午

今日(平成31年2月2日)の干支は「庚午(かのえうま)」で、2月の最初の午の日である事から、「初午(はつうま)」ともいわれています。
昔から、初午の日には稲荷神社に参詣するという風習があり、全国各地に鎮座する稲荷神社では、初午の日には「初午祭」という神事も執り行われます。

初午と稲荷神社との関係・縁起については諸説ありますが、「全国の稲荷神社の総本宮である、京都に鎮座する伏見稲荷大社主祭神宇迦之御魂大神様が、初めて伊奈利(イナリ)山に降り立たれた日が和銅4年(西暦711年)2月11日で、その日が初午であった事から、初午に稲荷神社を参詣したり初午祭などの神事を行うようになった」、というのが特に代表的な説として知られています。
あの「枕草子」の中でも、清少納言が汗をかきながら稲荷山(現在の伏見稲荷大社本殿裏)を登拝している様子が描かれている事から、少なくとも平安時代の中期には、初午の風習は定着していたようです。

稲荷大神様(宇迦之御魂大神様など)が本殿の御祭神には含まれておらず、稲荷大神様をお祀りする境内社も無い当社に於いては、初牛やそれに類する行事は行いませんが、当社で頒布している商売繁盛のお守りには、稲荷大神様の眷属(お使いの動物)として知られる白い狐が描かれているものがあります。
商売繁盛は、古来から稲荷大神様の代表的な御神徳(御利益)のひとつである事から、白い狐自体も、商売繁盛を象徴する縁起の良い動物とされています。

商売繁盛守

 

文責:西野神社権禰宜 田頭