西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

幸いにも、今回の地震における当社での被害は全くありません!

全国ニュースでも大きく報じられたので、道外の方々なども既に御存知かとは思いますが、先週木曜日(21日)の夜、北海道で最大震度6弱地震がありました。
震源は、昨年9月6日に発生した、最大震度7を観測した「北海道胆振東部地震」とほぼ同じ場所(胆振地方中東部)で、震源の深さは33km、地震の規模を示すマグニチュードは5.8と推定され、専門家達の見解によると、今回の地震は昨年の北海道胆振東部地震の余震、もしくは一連の活動と考えられる、との事です。

今回の地震による震度は、厚真町で最大震度6弱を、安平町やむかわ町震度5強千歳市や札幌市手稲区震度5弱、当社の鎮座する札幌市西区で震度4、札幌市中央区で震度3などを、それぞれ観測しました。

平成31年2月21日に発生した地震の震度

有り難い事に、道外在住の何人もの方々から安否を気遣う御連絡等を戴きましたが、幸いにも、西野神社や、、私達(西野神社神職一同や関係者)は無事です。大変有り難い事に、今のところ、私の周りでは何の被害も発生していません。
地震が発生してからも、苫東厚真火力発電所や伊達火力発電所は運転を継続しており、そのため、昨年の胆振東部地震の時のような大規模停電も起こりませんでした。
ちなみに、下の写真は、たまたま今回の地震が発生する2日前に、私が日高本線を走る列車の車窓から撮影した、苫東厚真火力発電所です。昨年の地震ではこの発電所の運転が止まってしまったために、離島を除く北海道のほぼ全てが一斉にブラックアウトするという事態になりました。

苫東厚真火力発電所

 

以下はいずれも、地震発生の翌日に北海道の公式ホームページ等に掲載されていた、道からのお知らせです。重要な情報なので、赤文字にした上でここに転載させて頂きます。

「5、6時間後には本震がくる」といったような、根拠のない情報がSNSで発信されています。こうした情報に惑わされることなく、公的機関の発表する情報を確認するようにしてください。

北海道観光をお考えの皆さまへ。昨日平成31年2月21日に胆振地方中東部を震源とする地震が発生しましたが、北海道を旅行される方の移動や滞在に支障はありませんので、安心して旅をお楽しみいただけます。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭