西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

新元号が「令和」と発表されました

新年度(平成31年度)の初日となる今日、政府から、新しい元号が「令和(れいわ)」であると発表されました。
あくまでも今日は発表されただけで、実際に「令和」という元号が施行されるのは来月1日からですから、神社ではまだこの件に関しての行事・神事などは何も行われませんが、今日の発表が、今上陛下から新帝陛下への「御代替り」を象徴する、歴史的な出来事であった事は間違いありません。実際、今日の新元号発表のニュースは、日本全国で中継や号外として直ちに速報され、世界各国のメディアでも大きく報道されたようですし。

新元号「令和」発表

 

新たな元号「令和」は、日本最初の元号である「大化」からは248番目となる元号で、千二百年余り前に編纂された日本最古の歌集「万葉集」の、梅の花の歌、三十二首の序文にある『初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す』から引用されました。
これまでの元号は、いずれも漢籍(中国の古典)から選ばれており、今回、初めて日本の古典から選ばれたという事も、大きな話題になっています。恐らく今後は、これが前例となって、日本の古典が新元号の典拠となる、という流れが慣例・伝統になっていく事でしょう。

今回典拠となった万葉集は、天皇・皇族・貴族だけでなく、下級官吏・防人・農民に至るまで、身分に関係無く幅広い階層の人達が詠んだ歌が収められた、我が国の国民文化と長い伝統を象徴する国書であり、そういった点も、個人的には大いに共感出来る所です。
但し、前述のように「令和」の出典は、万葉集三十二首の序文であり、和歌そのものではありません。太宰帥(大宰府の長官)の大伴旅人の家に集まり、皆で和歌を詠んだ事を述べる部分であり、原文は万葉仮名を用いた漢文です。

新元号「令和」の出典

なお、政府の説明によると、「令和」には、『悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄を、しっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい』という願いも込められているのだそうです。

 

ところで、報道によると、ツイッターなどのSNSでは、昨日(新元号発表前日の3月31日)、「平成最後の日楽しもうな。ありがとう平成!」「皆さんは平成最後の日をどうお過ごしですか」などと、「3月31日が平成最後の日で、4月1日から新元号になる」という勘違いをしている内容の投稿が相次いでいたそうですが、前述のように、今日はあくまでも発表されただけで、新元号が施行されるのは来月からです。
4月30日までは引き続き「平成」の御代が続き、皇太子殿下が践祚天皇に即位)される5月1日の、午前0時から、「令和」の御代が始まる事となります。
それぞれの神社仏閣等が参拝者の方々にお頒ちする御朱印に於ける日付の元号が新元号の「令和」に変わるのも、勿論5月1日からとなります。5月1日に「践祚改元奉告祭」等の神事を斎行する神社も、恐らく少なくはない事でしょう。

1ヶ月後に践祚改元を迎えるに当たって、改めて、我が国が誇る悠久の歴史に想いを馳せ、謹んで聖寿の万歳と皇室の弥栄を御祈念申し上げます。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭