西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

神武天皇祭

今日(4月3日)は、大和国の橿原の宮(現在の橿原神宮)で初代天皇として即位された神武天皇所縁の祭日です。祝日では無いので、休日ではありませんが。

神武天皇

この日は神武天皇崩御相当日(御命日)で、当社をはじめとする一般の民社では、神職個々人が各奉務神社の大前を通して畝傍山東北陵(下の写真に写っている、奈良県橿原市に鎮座する神武天皇陵)を個人的に遙拝するという形での拝礼が多いかと思いますが、宮中や、大きな神社、神武天皇と所縁の深い神社などでは、「神武天皇祭」という祭典を執り行う日でもあります。

なお、宮中に於ける歴代天皇の祭祀は、原則として今上天皇の前4代以外の天皇については式年にのみ斎行されのですが、神武天皇については、初代天皇である事から別格とされ、式年であるか否かに関係無く宮中では毎年、大祭式にて神武天皇祭が執り行われています。

ちなみに、宮中や各神社で斎行される神武天皇祭は、「神武天皇の御聖徳と肇国の大事業を偲び奉ると共に、神武天皇をはじめとする歴代天皇のみ心をお心として日々御公務に精励遊ばされている今上陛下の御健勝お祈り申し上げ、併せて皇室と国家の繁栄を祈念する」という趣旨で執り行われております。

畝傍山東北陵(神武天皇陵)

御譲位(今上陛下から皇太子殿下への皇位の御継承)が約1ヶ月に迫り、来月から施行される新元号も「令和」と決まり、それらの慶事を踏まえた上で、「平成」の御代としては最後となる神武天皇の祭日を迎えた今日の佳き日、是非皆様方も、神武天皇が成し遂げられた「神武創業」「初代建国」とも称される肇国の精神と大事業に思いを致し、最寄の神社の大前もしくは御家庭の神棚を通して、神様に感謝の祈りを捧げましょう。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭