西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

奉祝 新天皇陛下御即位

西野神社御朱印(令和元年皐月朔日)

畏くも上皇陛下に於かれましては、昨日を以ちまして、今上天皇のお立場としては光格天皇以来約200年ぶりに御譲位遊ばされ、それに伴い本日、新帝陛下が第126代の天皇(御歴代のうち2天皇重祚されているため重複分の即位を除いて数え、更に、明治時代に正統から外された北朝の5天皇を加えると、我が国の歴史に於いては実質129人目の天皇)として践祚遊ばされ、御代替りにより元号も、本日を以て「平成」から「令和」に改元されました。
御譲位は、近代以降(憲政史上)では例の無い事でありましたが、践祚の諸儀式や改元が恙なく行われ、新しき令和の御代を迎える事が出来ました事、謹んでお慶び申し上げます。

我が国は長い歴史の中で、政権を担う政体は朝廷や摂関家、幕府、内閣など幾度も変遷を続けてきましたが、世界の王室には類の無い万世一系の皇統によって、皇位は初代・神武天皇から百二十数代に亘ってただの一度も途切れる事なく連綿と現在に継承されており、時の政権の最高責任者(摂政、関白、太政大臣征夷大将軍、内務卿、内閣総理大臣など)はいずれも天皇から任命(大命降下)される事でその正当性が内外に保障され、天皇の権威によって、国民はその御高恩に畏敬と感謝の念を捧げつつ、歴史・伝統文化を築き上げてきました。

このような世界に冠たる誇りある天皇・皇室を戴く日本に生を受けました事と、御即位より30年の長きに亘って「平成」の御代を常に私達国民と共に歩まれた上皇陛下の御厚恩に深く感謝し、そして、新帝陛下の御代「令和」の隆昌と皇室の弥栄、我が国の安寧、氏子崇敬者皆様型の御多幸と地域の繁栄を、令和元年皐月朔日の本日、改めて心より御祈念申し上げます。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭