西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

9年ぶりに九州を旅行してきました

私は先週、1泊2日という短い日程ではありましたが九州北部を旅行し、旅程の都合からかなりの駆け足とはなりましたが、8月の九州らしく連日30℃超えの真夏日の中、熊本・太宰府・福岡の3都市を回ってきました。私が九州へ行ったのは、平成22年に福岡・久留米・熊本などを旅行して以来なので、約9年ぶりでした。
以下に、今回のその旅行で私が訪れた一部のスポットなどを紹介させて頂きます。

 

旅行1日目のお昼過ぎ頃、熊本市中央区桜町(ビルの林立する都心のど真ん中)に鎮座する「山崎菅原神社」を訪問・参拝させて頂きました。
同神社は、「菅公」という敬称でも広く知られる菅原道真公を御祭神としてお祀りする、平安時代の延久2年(1070年)に創建されたと伝わる神社で、明治10年の西南戦争の際に社殿は一旦焼失してしまったそうですが、その後、境内地の移転や社殿の再建等を経て、昭和20年の熊本大空襲や平成28年の熊本地震などに耐え、現在に至るそうです。

山崎菅原神社
山崎菅原神社

同神社には、今からほぼ8年前の平成23年7月に伊勢の神宮道場で開催された中堅神職研修(丙)で私と同じ班だった田邉さん宮司として奉仕しておられ、今回はその田邉宮司の御厚意により社務所にも上がらせて戴き、私の旅程の都合から20~30分程という短い時間ではありましたが、いろいろとお話をし、楽しい一時を過させて頂きました。

山崎菅原神社



旅行1日目の夕方、熊本城の二の丸広場から、熊本地震による甚大な被害からの修復・復元工事が進む熊本城天守閣などを眺めてきました。

修復・復元工事が進む熊本城天守閣
修復・復元工事が進む熊本城天守閣

工事の進捗は順調なのかもしれませんが、その一方で、城内の塀の一部などは今も崩れ落ちたままの状態で放置されており、そういったところに、地震による被災の痕跡が今もはっきりと確認出来ました。

崩落したままの熊本城内の塀



旅行2日目の早朝、私は所用により、福岡県筑紫野市にある、JR鹿児島本線天拝山駅で電車から下車したのですが、「天拝山」とは何だか随分宗教的な地名だなと思い、その場でネットで調べたところ、「その名は、大宰府に流刑された菅原道真が自らの無実を訴えるべく幾度も登頂し天を拝したという伝記に由来する」との事でした。

天拝山駅

その逸話が、真実なのか特に根拠の無い伝承なのかは分りませんが、そういった故事が今も地名や駅名として残されている事に、連綿と続く歴史の息吹が感じられ、何だか妙に感心させられました。
しかも、前日私が参拝した山崎菅原神社やこの後私が参拝する事にしていた太宰府天満宮の御祭神である「菅公」に所縁の駅名であった事にも、何だか御神縁を感じました。



旅行2日目の朝、福岡県太宰府市宰府に鎮座する「太宰府天満宮」を、参拝・見学してきました。同宮は、京都の北野天満宮と共に全国各地の天満宮天満神社・菅原神社の総本宮とされ、菅公の霊廟としても篤く信仰されているお宮です。
初詣の際には九州はもとより全国各地から毎年200万人以上、年間では850万人以上の人々が参詣に訪れる、全国屈指の大社のひとつですが、私がお参りに行ったこの時は比較的朝の早い時間であったため(午前9時前)、まだ参拝者は少なく、ゆっくりと境内を散策する事が出来ました。

太宰府天満宮の鳥居と参道
太宰府天満宮の参道と楼門
太宰府天満宮の拝殿

ちなみに、私が同宮の拝殿前でお参りをしていた時、丁度「朝拝」が行われる時間だったようで、拝殿内から大祓詞の奉唱が始まりました。
神職さん達は拝殿に昇殿し正座、巫女さん達は拝殿両脇の左右に分かれて列立、一般参拝者は拝殿前の参道(石畳)に列立、という感じでそれぞれ参列し、折角の機会なので私も他の一般参拝者と同様、拝殿前にて太宰府天満宮の朝拝に参列させて頂きました。

太宰府天満宮の朝拝風景
太宰府天満宮の朝拝風景
太宰府天満宮の朝拝風景
太宰府天満宮の朝拝風景



旅行2日目のお昼頃、福岡市中心部に位置するJR博多駅の駅ビル「アミュプラザ博多」の屋上に鎮座する、「鉄道神社」という小祠を参拝・見学してきました。
私が見た限りでは周囲に由緒等が記された説明板などは見当たらなかったため、この鉄道神社についての詳細は不明ですが、Wikipediaの情報によると、福岡市博多区住吉に鎮座する住吉神社筑前国一之宮)から分祀を受けたお宮のようです。

博多駅屋上の鉄道神社
博多駅屋上の鉄道神社
博多駅屋上の鉄道神社



なお、今回の記事では割愛しましたが、この度の旅行では、熊本県立美術館九州国立博物館も見学し、両館で開催中だったそれぞれの特別展も観覧してきました。
また、旅行1日目の夜は、熊本市内の神社に奉職している、神職養成機関に在学していた当時の同期神職とも会って、学生だった当時の思い出話等に花を咲かせてきました。

というわけで、日程は短かったですがとても充実した楽しい旅行でした。大祭の「西野神社秋まつり」を1ヶ月弱後に控え、気持ちの上でも良いリフレッシュになりました!

 

文責:西野神社権禰宜 田頭