西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

本年で14回目となる禊祓行事を斎行致しました

今日は、当社境内に設営された臨時禊場にて全身に冷水を被る禊(みそぎ)を、午前9時から執り行いました。
この神事「禊祓(みそぎはらえ)行事」は、例祭当日(西野神社秋まつりの2日目)に御神輿(おみこし)を担いで下さる西野神社神力會の会員さん達をはじめとする渡御奉仕関係者を主な対象として、平成18年から毎年9月のこの時期(神輿渡御の1週間前の日曜日)に欠かさず実施しており、今年で14年目(通算14回目)の開催となりました。

西野神社での禊

この禊祓行事の主目的は、秋まつりでの神輿渡御に先立つ斎戒(心身を祓い清める)ですが、禊に興味・関心のある方であれば、どなたでも(例祭当日に御神輿を担がない方でも)参加する事が出来、今回は、渡御奉仕関係者ではない方も2名が参加して下さいました。禊に関心を持って下さる方がいらっしゃるのは、私としても有り難く嬉しく思います。

 

本年の禊祓行事参加者の皆さん方には、まず午前9時に当社の広間(参集殿)に集合して戴き、そこで20分程、禊祓行事の作法・所作等の確認や練習を全員で行いました。
下の写真は、冷水を被る前と後に参加者全員で必ず行う鳥船(とりふね)・雄健(おたけび)・雄詰(おころび)・気吹(いぶき)などの各所作の練習を、広間で行っている様子です。これらの各所作は、定められた言霊や呼吸法に基づいて発声をしながら動作をする事で心身と霊魂の浄化統一を図る所作で、冷水を浴びる前の準備運動も兼ねています。

令和元年9月 西野神社 禊祓行事(練習)

 

そして、広間で一連の所作の確認や練習をした後、参加者にはそれぞれ禊用の装束(男性は、女性は白衣)に改服して貰い、儀式殿前の芝生に前日設営した臨時禊場で午前9時30分頃から、以下(紫色の文字)の禊祓行事次第に則り、本年の道彦(神道行法の先導者)である私の指導・先導により禊祓行事を斎行致しました。ちなみに、当社でいう「禊祓行事」とは、以下の次第全てをまとめた総称です。

【振魂】 → 【再拝】 → 【祓詞奏上】 → 【再拝二拍手一拝】 → 【鳥船行事】 → 【雄健行事】 → 【雄詰行事】 → 【気吹行事】 → 【身滌行事】 → 【鳥船行事】 → 【雄健行事】 → 【雄詰行事】 → 【気吹行事】 → 【禊場の御幣に向って再拝二拍手一拝】 → 【本殿に向かって再拝二拍手一拝】 → 【祝福】

 

以下の写真5枚は、いずれも今日の禊祓行事で撮影されたものです。例年同様、本年の禊祓行事もこのように厳粛に執り行われました。

令和元年9月 西野神社 禊祓行事
令和元年9月 西野神社 禊祓行事
令和元年9月 西野神社 禊祓行事
令和元年9月 西野神社 禊祓行事
令和元年9月 西野神社 禊祓行事

 

本日の禊祓行事に参加して下さった皆様方、諸事御多忙の中御参加戴き、ありがとうございました。お陰様で、竣工間もない真新しい儀式殿の前で、例年にも増してとても清々しく有意義な禊を行う事が出来ました。
なお、今日の禊祓行事の様子を写した写真は「西野神社アルバム」の、令和元年9月「禊祓行事」のページ(下記URL)にも多数アップしておりますので、宜しければそちらも是非御覧下さい。

http://f.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/R010908%20%E7%A6%8A%E7%A5%93%E8%A1%8C%E4%BA%8B/?sort=old

 

文責:西野神社権禰宜 田頭