西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

お正月セット

当社では例年通り、11月下旬から「お正月セット」と称する、年末年始恒例のおふだセットの頒布を始めています。下の写真で巫女が手にしている紙袋が、そのセットです。

「お正月セット」紙袋

このセットは、毎年11月下旬から翌年1月7日までの約1ヶ月半の期間限定で、授与所の窓口にて頒布しており、初穂料は1600円となっております。

令和2年版 「お正月セット」紙袋

 

この「お正月セット」は、具体的には、以下の①〜⑥を一袋にまとめた、全6体のセットです。

神宮大麻(じんぐうたいま)
全国の神社が本宗と仰ぐ「伊勢の神宮」(合計125社のお宮により構成されています)の中でも最も中心的なお宮である「内宮」のおふだで、日本人全員の総氏神様であり皇祖(皇室の祖先神)でもあられる天照大御神(あまてらすおおみかみ)様の御神霊が宿っておられるおふだです。

西野神社のおふだ
札幌市西区の西野・平和・福井地区にお住まいの方々にとっては氏神様、その他の地域にお住まいの方々にとっては崇敬神社に当たる、西野神社御祭神(豊玉姫命様、鵜草葺不合命様、譽田別命様)の御神霊が宿っておられるおふだです。

③ 歳神様(としがみさま)のおふだ
お正月の神様が宿られる絵札で、年末からお正月が終わるまでの期間(地域によって異なりますが、1月の7日もしくは15日までという解釈が多いです)にかけて、歳神様専用の棚、床の間、神棚のいずれかにお祀りします。昨今の住宅事情などから、現在は、神棚の直ぐ下に貼ってお祀りする御家庭が多いようです。

④ お宝夢見札
年の始めを縁起の良い初夢で迎えられるよう祈念されているおふだで、お正月の縁起物として知られる「宝船」の絵と、『なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな』という回文歌が書かれています。1月2日の夜に、このおふだを枕の下に敷いて御就寝下さい(他のおふだのように神棚にお祀りするおふだではありません)。

⑤ 新年(令和2年)版の暦の冊子
高島易断本部編纂、神霊館榎本書店発行の「令和二年 御神宝」という小冊子(全32ページ)です。日々の生活に御活用下さい。

⑥ お正月案内のチラシ
西野神社の年末年始情報や、厄年・年祝・星厄の一覧などが載っています。下の写真では桃色の紙がそれに当たります。

令和2年版 「お正月セット」内容

 

なお、の「お宝夢見札」は、良い初夢が見られるよう1月2日の夜に枕の下に敷くおふだである事から、3日以降は不要となるため、1月3日以降に頒布する「お正月セット」は、上記のセット内容6体からお宝夢見札を除いたバージョン(5体セット)となります。御了承下さい。

ちなみに、神宮大麻(標準サイズ)と西野神社のおふだのおふだは、単体では各800円で頒布しているため、この2体分だけでも合計すると1600円になりますから、その2体に加えて歳神様の絵札(単体では200円で頒布)、お宝夢見札(このセットのみで頒布)、暦の冊子(非売品)なども含まれて1600円のこのセットは、実はおふだをそれぞれ単体で受けるよりも “お得” という事になります。
年末もしくは年始に、御家庭でお祀りされている神棚のおふだを取り替える予定の方は、是非このセットをお受け下さい。

 

神宮大麻西野神社のおふだは、前述のようにそれぞれ単体でも頒布しておりますので、どちらか一方のおふだだけ拝受したいという方は、勿論、単体でお受け戴く事も可能です。

神宮大麻と西野神社神札

下の写真は、数年前に作成された、神宮大麻西野神社のおふだの案内ポスターです。この写真はクリックすると拡大表示されるので、是非拡大の上御覧になって下さい。

ふたつでひとつ

 

下の写真は、当社神職による、この「お正月セット」の奉製作業の様子です。神聖なおふだを、神職が一体ずつ丁寧に、紙袋に詰めています。

「お正月セット」奉製作業

 

お正月セットの奉製は、基本的には神職が行いますが、年末年始に追加分を奉製する事がある時には、巫女にも手伝って貰う事があります。神職同様に巫女も、やはり丁寧に一体ずつ紙袋に詰めています。

「お正月セット」奉製作業

 

文責:西野神社権禰宜 田頭