西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

謹賀新年

謹賀新年

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます

 

令和の御代となってから初めて迎える新春、令和二年の年頭に当り、謹みて、全国の神社の本宗である伊勢の神宮の御祭神や、西野神社の御祭神をはじめとする天津神国津神の、日々の広大な御神恩に深く感謝申し上げると共に、皇室の彌栄と我が国の隆昌、そして、昨年当社へ参拝に来て下さった方々や今年当社へ参拝に来て下さる方々及びこのブログを読んで下さる全ての皆様方の御健勝・御繁栄を、心より御祈念申し上げます。

昨年は、上皇陛下(当時の天皇陛下)が御在世中に今上陛下(当時の皇太子殿下)へ御譲位される「御代替り」が、光格天皇以来約二百年ぶりに行われ、それに伴い十月二十二日には、王朝絵巻さながらに宮殿中庭に仗旗が立ち並ぶなか、各国の王族・国家元首・祝賀使節、各界の代表などを迎えて格調高き「即位礼正殿の儀」が執り行われ、天皇陛下は高御座に昇られて内外に御即位を宣命なされました。
そして、十一月十四日から翌十五日にかけては、数ある宮中祭祀の中でも最高の重儀とされる、天皇御一代に一度だけの祭祀「大嘗祭」が大嘗宮にて厳粛裡に執り行われ、これに合わせて全国各地の神社でも同日、大嘗祭を奉祝する大祭が斎行されるなどし、私達国民にとって、御代替りとなった昨年「平成三十一年」及び「令和元年」は、大変意義深く印象深い特別な年となりました。

また、昨年は当社に於きましても、神前結婚式をはじめとする神事や、秋まつりにおける各種の奉納行事、地域の文化活動等に供する施設として、境内に新しい殿舎「儀式殿」が竣工するという慶事があり、これに伴い昨年六月には「儀式殿竣工遷座祭」が臨時大祭として厳かに執り行われました。
竣工遷座祭の後、儀式殿では実際に、神前結婚式、良縁祈願祭、師走大祓式などの神事が斎行されており、有り難い事に御参列・御利用の皆様方からは大変御好評を戴いております。 これもひとえに、西野神社御祭神の御恵に預かった事と、皆様方から戴いた御理解・御協力・御奉賛の賜物であり、皆様方にはこの場にて改めて感謝申し上げます。

斯様な大きな節目となった昨年を、昨日で恙なく終え、引き続き大きな節目となる当年を迎えるに当たって(本年は「立皇嗣の礼」が行われ即位に関する諸行事が完了し、また、「日本書紀」撰進千三百年の記念すべき年にも当り、そして、我が国が再び世界から注目される大きな切っ掛けとなる「東京オリンピックパラリンピック」が開催され、しかもその花形競技のひとつであるマラソン競歩は札幌で開催されます)、微力ながらも天皇陛下と皇室の彌栄、そして、神社神道や、西野神社及びその氏子地域の興隆に貢献すべく、私達西野神社神職一同は今後も誠心誠意、一層神明奉仕に努めて参る所存ですので、皆様方には本年も引き続き神社神道や当社に対する御崇敬の程を願い上げ、併せて、本年も旧年同様に様々な御指導・御鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げ、新年の御挨拶とさせて頂きます。

 

令和二年庚子歳 皇紀二千六百八十年 元旦

 

文責:西野神社権禰宜 田頭