西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

旧正月の今日は新しい神札をお祀りするのに適した日です

暦の本や、旧暦が併記されているカレンダーなどを御覧になっている方は御存知だと思いますが、本日、つまり新暦太陽暦)の令和2年1月25日は、旧暦(太陰太陽暦)の元日に当たります。所謂「旧正月」です。
というわけで、旧暦に於いては今日からが新年となります。皆様、改めて、明けましておめでとうございます。

新暦の元日と旧暦の元日は約1ヶ月のズレがあり、現在の日本では旧正月が意識される事は少ないですが、東アジアの各国では、旧正月は「春節」とも云われ、新暦のお正月よりもむしろ盛大にお祝いされる事が多く、特に中華圏(中国、台湾、シンガポールなど)や韓国では、現在でも年間で最も重要な祝日とされています。

喪中などのため、神宮大麻伊勢の神宮のおふだ)や、西野神社のおふだ、その他の神札を今年のお正月に拝受出来なかった方、神棚にお祀り出来なかった方は、是非、旧正月(旧暦に於ける1月1日)の今日、御家庭の神棚に新しいおふだをお祀りして下さい。

神宮大麻と西野神社神札

 

なお、喪に服する期間は、故人と当人との関係によっても異なってきますが、一般には、同居されている御家族が亡くなられた場合は「50日間」が目安となっており、その期間中は、神棚での毎日のおまつりを中断し、神社への参拝も控えます。
喪に服する期間が終わりましたら、普段の生活に戻り、神棚でのおまつりも再開しましょう。

神棚

 

文責:西野神社権禰宜 田頭