西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

本日は令和初の「天長節」です

今日(2月23日)は、令和の御代となってから初となる「天長節」です。

天長節とは、今上陛下の御生誕をお祝いする日で、明治6年に国の祝日と定められ、戦前・戦中は、「四方拝」「紀元節」「明治節」と共に四大節のひとつとされていました。ちなみに、天長節の「天長」は、老子の「天長地久」から採られています。
神社などでは今も「天長節」「天長祭」などの言葉が使われる事が少なくありませんが、法律で定める祝日の名前としては、昭和23年に「天皇誕生日」と改称され、昭和の御代に於いては4月29日が、平成の御代に於いては12月23日がそれぞれ当該日となって祝日となりましたが、「天皇誕生日」は他の君主制国家に於ける国王誕生日と同様、在位されている天皇陛下の誕生日に合わせて移動するため、本年からは2月23日が「天皇誕生日」となりました。

天皇陛下(親閲の儀)

 

昭和35年2月23日に先帝(現在の上皇陛下)の第一皇子として御生誕され、昭和55年2月23日に成年式を迎えられ、平成3年2月23日に立太子の礼を迎えられて正式に皇太子となられ、そして令和元年5月1日、第126代の天皇として践祚遊ばされた今上陛下は、本日、畏くも満60歳の御誕生日を迎えられました。
この慶事を祝して、宮中三殿伊勢の神宮などでは今日「天長祭」が執り行われ、全国でも各地で奉祝大会や記念行事などが開催されます。

毎年数万人がお祝いに訪れる、天皇誕生日恒例の一般参賀は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて残念ながら本年は中止となりましたが、皇居での祝賀行事は例年通り執り行われる事となっており、本日、天皇皇后両陛下は、安倍晋三首相をはじめ閣僚や衆参の国会議員、文化勲章受章者など460人余りが出席する「宴会の儀」に臨まれる他、秋篠宮殿下など皇族方と共に、127ヶ国・地域の凡そ190人の駐日大使夫妻とも歓談される予定です。

天皇陛下(令和初の天皇誕生日)

 

宮司以下当社神職一同、本日の天長節を心よりお祝い申し上げると共に、朝夕に国と国民の安寧をお祈りされている天皇陛下の大御心に深謝し、今後も天皇皇后両陛下がお健やかにまします事と皇室の弥栄を、衷心より御祈念申し上げます。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭