西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う西野神社の対応(その4)

ウイルス撃滅!

北海道民・札幌市民の方々は報道等で既に御存知だとは思いますが、北海道の鈴木知事と札幌市の秋元市長は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて一昨日、道庁で会談をして今後の対応を協議し、その会談の直後、共同記者会見を行って「北海道・札幌市緊急共同宣言」を発表しました。この共同宣言の主な内容は、以下の通りです。

14日から大型連休の最終日となる来月6日まで札幌市の小中学校と高校、札幌市からの生徒が多い近隣の空知・石狩地方の10校程度の道立高校を再び臨時休校にする。
これと同じ期間、不特定多数の人が集まる札幌市内の公共施設を休館する。
札幌市民は感染リスクを高めるような不要不急の外出を控え、そのほかの地域の人も札幌市との不要不急の往来を控えるよう求める。
政府の緊急事態宣言が出されている7都府県への往来も極力避けるよう求める。
政府の方針を踏まえて道内の繁華街でも接客を伴う飲食店などへの外出自粛を強く求め、飲食店が休業した場合には国に補償を求める。
このほか重症患者に対応可能な病床の確保に取り組むとともに、軽症患者が宿泊施設などで療養できる準備も進めて医療体制の強化に取り組み、道内経済への支援強化を国に求めていく。

こういった状況を踏まえて、当社では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、今まで以上にその対策を徹底していきます。
氏子崇敬者の方々の “心の拠り所” として、必要で火急な参拝(所謂「不要不急」ではない参拝)に対応するため、神社としての社務は、現時点では今後も今まで通り続ける見込みですが、境内や社殿内の清掃・消毒や、各所の換気などは、更に入念に徹底していきます。

 

参拝者と直接対面して接する神職・巫女などは、社務所や授与所などでは原則として常時マスクを着用します。これについては、既に先月からずっとそうしておりますが、今後も当面の間、そのようにさせて頂きます。

西野神社 授与所窓口(新型コロナウイルス対策のためマスクを着用)

 

社務所玄関に、当面の間、手指用のアルコール消毒液が入った容器を常設します。これはワンプッシュで消毒液が出てくる容器で、社務所玄関の空いている時間であれば、どなたでもお使い戴けます。

西野神社 参拝者用手指消毒液

 

授与所に併設されている参拝者用トイレの手洗い器にも、同様のアルコール消毒液入りの容器(下の写真では向って右側の容器)を、当面の間常設します。こちらも、このトイレを開放している時間は、どなたでも御使用戴けます。

参拝者用トイレの手洗い

 

拝殿に昇殿して御祈祷を受ける方に待機して戴く控え室も、更に換気を徹底します。下の写真のように、日に何度も控え室の窓を全開しております。

西野神社 御祈祷控室

 

御祈祷を受けて戴く拝殿内も、随時換気しております。4月中旬のこの時期の北海道はまだ寒い事も多いため、拝殿の扉を常時全開しておくというのは厳しいですが、御祈祷の合間には可能な限り扉を全開し、御祈祷が始まる少し前にまた扉を閉めて暖房を入れる、というのを繰り返しています。

西野神社 拝殿内

 

参拝者が触ったり撫でたりするものには、それらを触ったり撫でたりした後、各自で手洗いや除菌をするよう促す案内を必要箇所に掲示しています。

新型コロナウイルス対策の表記

 

皆様方にはいろいろと御面倒・お手数をかけさせてしまう事になり恐縮ですが、事情御賢察の上、今後も御協力の程 宜しくお願い致します。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭