西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

御朱印背景の絵柄が今日から「夏仕様」に変わります

今日から水無月(6月)です。
政府による緊急事態宣言が解除された後も、北海道では、知事による独自の自粛要請(外出自粛、札幌との往来自粛、休業要請)が続いておりましたが、本日午前0時を以て、それらの自粛要請は全て解除されました。
ずっと休校措置が続いていた道内各地の小中学校も、今日から授業を再開するところが多いようです。

新型コロナウイルスは依然としてまだ終息には至っていないため、引き続き警戒や注意が必要であり、むしろ見えない形での感染は今も広がっていると認識した上で日々慎重に行動する事が肝要となりますが、本日を以て全ての自粛要請が解除された事で、とりあえず、私達北海道民・札幌市民の生活はこれから徐々にいつもの日常へ立ち返っていく事になると思います。

 

さて、昨年9月4日付の記事で詳述した通り、当社でお頒ちする御朱印は、この度の所謂 “コロナ禍” には関係無く昨年9月から、参拝者が持参された御朱印帳に直接押印・墨書する対応は取り止めており、予め別紙に押印・印字した「紙朱印」をお渡しする形で対応させて頂いておりますが、その紙朱印の背景となる絵柄が、本日 6月1日より「夏仕様」に変更されます。

西野神社 社務所(御朱印紙を手渡す巫女)

 

下の写真は、昨日まで(3・4・5月)の「春仕様」の紙朱印です。春を象徴する「桜」の花びらの柄が、背景に描かれておりました。

西野神社 御朱印(春仕様)

 

そして下の写真が、今日から(6・7・8月)の「夏仕様」の紙朱印です。当社境内の夏を春を象徴する「紫陽花(あじさい)」の花の柄が、背景に描かれております。

西野神社 御朱印(夏仕様)

 

十二支の朱印」についても同様に、今日より、「桜の花びら」柄の冬仕様から「紫陽花」柄の夏仕様へと変わります。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭