西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う西野神社の対応(その7)

現在、西野神社は概ね平常の態勢で参拝者をお迎えしておりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と一刻も早い鎮静のため、また参拝者や奉仕者の安全確保・健康保持のため、引き続き以下の対策・対応を継続しております。
恐れ入りますが、当社へお参りに来て下さる皆様方は御理解・御協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

① マスクの着用について

マスクを着用した上で御参拝下さい。参拝者と直接対面する神職・巫女等も、原則としてマスクを着用させて頂きます。
なお、社務所社殿など境内の建物に入られる方でマスクをお忘れの方は、社務所にてその旨お申し出下さい。お一人様につき1枚、マスクを差し上げます。

西野神社 社務所玄関の窓口

 

② 境内各所の衛生について

社殿(拝殿)内、御祈祷を受けられる方々が入室する控室参拝者用お手洗い等の、清掃・消毒・換気を徹底します。
また、社務所玄関(御祈祷受付場所)や、参拝者用お手洗いの手洗い場等に、手指用アルコール消毒液が充填された容器を常置していますので、必要に応じて御自由にお使い下さい。

コロナ対策(西野神社)

 

③ 手水舎の柄杓や拝殿の鈴緒について

不特定多数の人達が触れる事を避けるため、手水舎の柄杓(ひしゃく)及び拝殿向拝の鈴緒は撤去しております。
なお、柄杓が無い状況での手水の使用方法(作法)については、5月2日付の記事を御参照下さい。

西野神社の花手水

 

④ 授与所窓口での対応について

不特定多数の人達が触れる事を避けるため、おふだやお守りなどの授与品は、授与所窓口の外から窓ガラスを介して内側にある見本を御覧戴いております。
また、授与品をお渡しする際は、透明なアクリル板を立てている窓口から、専用のトレイを介してお渡ししております。

コロナ対策(西野神社)

 

⑤ 御祈祷について

ソーシャル・ディスタンスを保つため、御祈祷は少人数の昇殿・参列を原則とし、一回の御祈祷で同時に昇殿して戴けるのは4組(4家族)までとさせて頂きます。同一時間帯で4組を超えた場合は、社殿と儀式殿とに分かれて御祈祷を執り行います。
また、発熱が認められる方の昇殿は御遠慮下さい。

平成30年3月 西野神社 良縁祈願祭

 

補足①

御祈祷を執り行う斎主(神職)が社殿内でマスクを着用するか否かについては、神社によって対応が分かれていますが、当社の場合、社殿内の構造や間取り、式次第の内容等から、斎主はマスクをつけなくても昇殿中の参拝者とソーシャル・ディスタンス(感染を防ぐために必要とされる2メートルの距離)を保つ事が可能である現状から、斎主のみ大前では、本来の神前作法に則りマスクを外しております。
勿論、御祈祷中以外は、神職も巫女も、境内では極力マスクを常用するようにしております。

 

補足②

最近、新型コロナウイルス感染症対策のため、参拝者が持参された御朱印帳に直接御朱印を押印せず、予め御朱印が押印・墨書された別紙(書き置き等)を手渡す対応を採る神社が増えております。当社でも現在、押印・印字済の別紙をお渡しする対応をしております。
そのため、「いつまで書き置きなんですか」「いつからまた御朱印帳に直接書いてくれるのですか」との問い合わせをお受けする事があるのですが、当社の場合はコロナ禍に関係なく昨年の9月から別紙をお渡しする対応をしており、そもそもコロナ禍によってこの対応を始めたわけではないため、当社では原則として今後もずっと、別紙をお渡しする現状の対応を継続させて頂きます。

 

参拝者の皆様方には、引き続きいろいろと御不便をおかけする事となり大変恐縮ではありますが、御理解・御協力の程、重ねて宜しくお願い申し上げます。なお、御不明の点は、当社までお問合せ下さい(電話番号 011-661-8880、午前9時~午後4時半まで)。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭