西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

令和3年 夏越大祓の御案内

当社では毎年6月(夏越)と12月(師走)のそれぞれの晦日(最終日)に、氏子・崇敬者の皆様方がこの半年間に知らず知らずのうちに起こしたり犯したりしてしまった様々な過ち・罪・穢れ等を、「人形」(ひとがた)という人の形をした紙製の形代(かたしろ)に移して祓い清め、併せて、普段運転したり乗車したりしている車に今後もしかすると降りかかってしまうかもしれない災難を「車形」(くるまがた)という車の形をした形代に移して交通安全も願う、「大祓」(おおはらえ)という神事を斎行しています。

今年の「夏越の大祓」(茅の輪くぐりの神事)は、例年通り6月30日に斎行致しますが、新型コロナウイルス感染症依然として収束には至っていない現状を鑑みて、昨年の夏越の大祓同様、神事は神職のみで執り行います。恐れ入りますが、皆様方の御参列はお控え下さいますよう御理解・御協力お願い致します。
なお、くぐる事で諸々の災厄が祓われると云われる「茅の輪」(ちのわ)は6月26日のお昼頃、拝殿向拝舗設致します。舗設期間中、茅の輪はどなたでも自由にくぐって戴けますので、「茅の輪くぐり」御希望の方は、6月26日から30日までの5日間、各自お参り下さいますようお願い致します。

令和2年6月 西野神社 夏越大祓(茅の輪)

 

どなたでも御使用戴ける形代一式が入っている紙袋(一セットにつき、人形5枚と、車形1枚)は、拝殿向拝の賽銭箱右隣に置いてある平たい木箱の中に入っておりますので、どうぞ御自由にお使い下さい。社務所玄関内の窓口でも頒布致します。

西野神社 大祓の人形(ひとがた)と車の形代

形代のうち、人形(ひとがた)には、一体毎にお一人のお名前・性別・年齢を、また車形(くるまがた)には、普段乗っておられる車のナンバーを、それぞれ御記入してお納め下さい。
厳密な決まりはありませんが、書き方の一例の写真を以下にも貼付します。年齢は、原則として満年齢ではなく数え年で御記入下さい。もし御自分の数え年が分からない場合は、年齢ではなく生年月日を書いて戴いても構いません。

大祓の人形(ひとがた)と車の形代

 

なお、当社へ人形(ひとがた)を納められる方は、人形への記入を終えた後、その人形で御自身(人形に記されているお名前の方当人)の身体を上から順(頭・額・胸・腹・両手・両足の順)に撫で清め、更に、御自分の罪穢れが人形に乗り移るように祈念を込めながら、その人形に息を3度吹きかけて下さい。もし体に不調な箇所がある場合は、特にその箇所を重点的に、人形で撫で清めて下さい。
以下にその所作を収録した動画を貼付しますので、この動画も御参考下さい。

 

使用した形代(記入し、撫で清め、息を吹きかけたもの)は、必ず、夏越の大祓当日(6月30日)の午後3時までに当社にお納め下さいますようお願い致します。
直接当社へ御持参される場合は、6月1日から賽銭箱の直ぐ隣に設置している専用の木箱(下の写真の、お宮の形を模した木箱)にお納めになるか、もしくは、社務所授与所等の窓口に詰めている神職巫女に直接お渡し下さい。
恐れ入りますがその際、形代の紙袋に、形代と共に初穂料(あくまでも “お気持ち” なので金額は決まっておりません)もお入れ下さいますよう、宜しくお願い致します。

大祓人形 収納箱

 

文責:西野神社権禰宜 田頭