西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

令和3年については今日が「海の日」です

船上の日の丸

 

本日・令和3年7月21日は、「海の日」という、国民の祝日です。
海の日は、本年に限り7月21日とされましたが(その理由については後で詳述します)、例年は「7月の第3月曜日」とされ、日付は固定されていません。

この「海の日」は、明治9年に明治天皇が東北地方を巡幸された際に、灯台巡視船「明治丸」にて7月20日に横浜港に御帰港されて横浜御用邸伊勢山離宮へ御帰着された事を記念する「海の記念日」に由来しています。
この「海の記念日」の祝日化を願う声が高まった事を受け、平成7年、「海の記念日」であった7月20日が、「海の日」という新たな祝日として制定され、翌8年から施行されました。

祝日法第2条によると、海の日は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」事を趣旨としており、また、平成19年に制定された海洋基本法第13条には、海の日の行事を「国及び地方公共団体は、国民の祝日に関する法律第2条に規定する海の日において、国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事が実施されるよう努めなければならない」と規定されています。

ちなみに、国土交通省によると、「世界の国々の中で海の日を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」との事なので、海の日は、古来より海から多くの恵みを受けて発展してきた歴史を持つ、周囲全てを海に囲まれた海洋国家 日本ならではの祝日といえます。

その後、平成15年に改正された祝日法国民の祝日に関する法律)のハッピーマンデー制度により、海の日は同年より「7月20日」から「7月の第3月曜日」へと変更され、そのため以後は毎年、土曜日・日曜日と合わせて3連休(本年に限り4連休)となるようになりました。

 

以下の写真はいずれも、私が過去に撮影した、海に纏わる景観(海、港湾、海岸、岬、海上に掛かる橋など)です。写真の出来はどれも下手なものばかりで恐縮ですが、海の日に因んで、恥ずかしながらこれらの写真をここにアップ致します。

平成23年12月 松島海岸
▲ 平成23年 宮城県松島町 松島海岸周辺の島々と太平洋

 

平成26年3月 天橋立
▲ 平成26年 京都府宮津市 宮津湾と天橋立

 

平成27年1月 瀬戸大橋
▲ 平成27年 香川県坂出市 瀬戸大橋と瀬戸内海

 

平成27年4月 地球岬
▲ 平成27年 北海道室蘭市 地球岬と太平洋

 

平成27年4月 積丹半島
▲ 平成27年 北海道積丹町 島武意海岸と日本海

 

平成28年8月 礼文島スコトン岬
▲ 平成28年 北海道礼文町 スコトン岬と宗谷海峡

 

平成29年3月 三陸海岸
▲ 平成29年 岩手県宮古市 浄土ヶ浜宮古

 

平成29年11月 横須賀
▲ 平成29年 神奈川県横須賀市 横須賀港と護衛艦



ところで、前述のように本年については、海の日は「7月の第3月曜日」ではなく、特例として「7月22日」とされました。

昨年(令和2年)の「海の日」は、東京オリンピックパラリンピック開催期間中のアスリートや観客等の円滑な輸送、経済活動、市民生活の共存を図る事を主な目的として、東京オリンピックパラリンピック特措法により、オリンピック開会式の予定日前日に当たる7月23日へ、当年に限り変更されたのですが、皆様も御存知のように、その後東京オリンピック新型コロナウイルス感染症流行のため翌年(令和3年)に延期となりました。
しかし、国民生活への影響を考慮し、昨年の海の日は「変更後」の7月23日のままとされ、東京オリンピックの1年延期が正式に決まった後も「変更前」には戻されませんでした。

そして本年の「海の日」は、令和三年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法により、前年同様の理由から、東京オリンピック開会式の予定日前日の7月22日(本日)に、当年に限り変更されました。
しかし、この決定は多くのカレンダーの作成には間に合わず、そのため、現在世間に印刷物として流通している大半の、今年のカレンダーや手帳などでは、「7月の第3月曜日」に当たる7月19日(今年については平日)が「海の日」(赤い日付)とされ、逆に、特措法により「海の日」とされた本日(祝日)は平日扱い(黒い日付)となり、一部混乱が生じる事にもなりました。

つまり「海の日」は、平成15年以降は、日付に関係無く毎年「7月の第3月曜日」が原則であり、ただ昨年と今年の2年間だけは、特措法による特例として、昨年は7月23日に、今年は7月22日にされたのです。
なので来年以降の「海の日」は、原則通り、また「7月の第3月曜日」に戻ります。

令和3年の祝日移動案内



以下の各記事は、過去に私がこのブログにアップした、「海」関係の記事です。全体的な傾向として、神道行法の「禊」に関する記事が多いような気もしますが、興味のある方はこれらの記事も併せて御一読下さい。

▼ 「石狩浜で禊」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20050803

▼ 「利尻島での神道行法錬成研修会(1日目)」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20050927

▼ 「利尻島での神道行法錬成研修会(2日目)」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20050928

▼ 「他界観」 ←この記事では海上他界観(常世の国)について触れています
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20060119

▼ 「石狩浜で再び禊」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20070610

▼ 「洞爺丸海難」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20070926

▼ 「石狩浜での神道行法錬成研修会(1日目)」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20071003

▼ 「石狩浜での神道行法錬成研修会(2日目)」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20071004

▼ 「青函連絡船廃止・青函トンネル開業から20年」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20080312

▼ 「戦艦大和
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20080407

▼ 「トルデシリャス条約とサラゴサ条約」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20080607

▼ 「石狩で海に入って禊をしてきました」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20080608

▼ 「せたなで神道行法の研修会(前編)」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20081002

▼ 「せたなで神道行法の研修会(後編)」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20081003

▼ 「神道行法錬成研修会の写真」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20081015

▼ 「榎本軍が起死回生を期した宮古湾海戦
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20090325

▼ 「大西洋上で祖国を想い自決をした日本人」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20090513

▼ 「戦艦大和沈没から65年」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20100407

▼ 「東日本大震災の被災地で活躍する海上保安庁
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20110421

▼ 「道南の椴法華で禊の研修会が開催されました」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20111004

▼ 「津波防災の日
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20111105

▼ 「仙台・塩竈・松島旅行」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20111220

▼ 「留萌で禊の研修会が開催されました」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20151002

▼ 「9年前の石狩浜での禊を振り返って」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20161216

▼ 「青函トンネル開業から30年」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20180313

▼ 「海幸彦と山幸彦の神話で語られる、西野神社主祭神豊玉姫命
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/2020/10/19/000000

▼ 「大漁守」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/2021/05/21/000000

 

文責:西野神社権禰宜 田頭