西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

沖縄の本土復帰から今日で50年が経ちました

沖縄本島

 

丁度50年前の今日(昭和47年5月15日)、その前年に佐藤栄作首相とリチャード・ニクソン米大統領との間で締結された沖縄返還協定に基づき、沖縄戦終結した昭和20年6月23日以来27年ぶりに、沖縄の施政権がアメリカから日本へと返還されました。

これにより、沖縄在住日本人による沖縄の統治機構琉球政府」や、その琉球政府の上部組織としてアメリカ本国の意向に沿って琉球政府に対して様々な命令を下していた「琉球列島米国民政府」はどちらも廃止され、沖縄は正式に日本の領土に復し、アメリカ軍施政下の期間廃止されていた沖縄県が復活しました。
日本国憲法や、戦後の日本が定めた各種法律も、この日から初めて沖縄に適用されるようになり、生活通貨もドルから円に変り、また、神社本庁の地方機関のひとつである沖縄県神社庁(官公庁ではなくあくまでも民間の一組織ではありますが)もこの日、正式に開庁しました。

沖縄返還」「沖縄本土復帰」などと称されるその記念すべき慶事から丁度半世紀を迎えた今日、東京と沖縄では同時に、政府と沖縄県の共催により記念式典が行なわれました。天皇皇后両陛下はオンラインにて御臨席され、岸田文雄首相は沖縄会場での式典に参列されたそうです。

 

 

 

 

 

私も今日は、先の大戦に於いて沖縄で激烈な地上戦が行われ幾多の尊い人命が失われ、その犠牲の上に今日の平和が成り立っている事に思いを致し、当社大前にて、沖縄が日本に返還され本土復帰した事への感謝の祈りを捧げると共に、我が国の安寧と沖縄の更なる発展等を、謹んで祈念致しました。
また、戦前・戦中から今日に到るまで、沖縄の皆様方が負われてきた様々な苦難や、沖縄県民及び関係の方々の本土復帰への献身的な努力に対して、改めて心から敬意を表します。

御祈祷での祝詞奏上・拝礼

 

ちなみに、私の父はサラリーマンとして現役(多分相当若手)だった当時、出張で沖縄に行った事があるのですが、当時の沖縄はまだ本土復帰前だったため、沖縄に渡航するにはパスポートが必要だったと言っていました。今となっては、時代を感じるエピソードですね。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭