西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

[表紙]

西野神社

記事一覧 過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。

◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。
◆ この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、「表紙」であるこの記事に付けられたコメントは、削除させて頂きます。
◆ このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。私は宮司ではありませんので、宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログのコメント欄に投稿されても私としてはお答え出来ません。御了承下さい。
◆ このブログに表示される広告は、いずれも、このブログが無料で利用出来るブログであるが故に当社や管理人の意向とは無関係に表示されるもので、広告の内容と当社とは一切関係がありません。

令和5年版「お正月セット」の御案内

当社では例年、12月1日から翌年1月7日までの期間限定で、「お正月セット」というおふだセットの頒布を行なっておりますが、本年は、昨年と同じく疫病対策の観点から(当社境内で参拝者が所謂「密」な状態になる事を避け年末年始の混雑を少しでも緩和させるため)、例年よりも早く11月のこの時期から、この「お正月セット」の頒布を行っております。

令和3年版 「お正月セット」紙袋

 

このセットは、各御家庭等でお祀りして戴く、伊勢の神宮のおふだ「神宮大麻」と、当社のおふだ「西野神社神札」の、2体を中心とした神札セット(内容は下の写真の通り)で、来年の1月7日まで毎日、授与所の窓口で頒布致します。

令和5年版 「お正月セット」内容

 

お正月セットに入っている内容それぞれの詳細は以下のの通りで、この一セットで、初穂料として2,000円納めて戴いております。

 

神宮大麻(じんぐうたいま)
全国の神社が本宗と仰ぐ、三重県伊勢市やその近郊に鎮座する「伊勢の神宮」(合計125社のお宮により構成されています)の中でも中心的なお宮である「内宮」のおふだで、日本人全員の総氏神様であり皇祖(皇室の祖先神)でもあられる天照大御神(あまてらすおおみかみ)様の御神霊が宿っておられる大変尊いおふだです。
神宮大麻は、伊勢の神宮から各都道府県の神社庁へ、神社庁からその神社庁所管の各支部へ、支部から各神社へ、そして各神社からそれぞれの御家庭へ、という流れで頒布されますが、その過程に於いて神宮・神社庁支部・神社などではその度神職により繰り返し祓い清められています。
神宮大麻については、以下の記事で詳しく解説させて頂きましたので、興味のある方はこちらの記事も併せて御一読下さい。
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/2021/10/22/223000

西野神社 神札
札幌市西区の西野・平和・福井地区にお住まいの方々にとっては氏神様、その他の地域にお住まいの方々にとっては崇敬神社に当たる、西野神社御祭神(豊玉姫命様、鵜草葺不合命様、譽田別命様)の御神霊が宿っておられる尊いおふだです。
神宮大麻と共に、御家庭もしくは会社・事務所等の神棚にお祀りして下さい(神棚が無い場合は、清浄な場所で、立った時に御自身の目線よりも高くなる場所にお祀りして下さい)。

③ 歳神様(としがみさま)のおふだ
歳神様、年神様、歳徳様、正月様などと称されるお正月の神様が宿られる絵札で、年末からお正月が終わるまでの期間(地域によって異なりますが、1月の7日もしくは15日にお正月が終わるという解釈が多いです)にかけて、歳神様専用の棚、床の間、神棚のいずれかにお祀りします。
昨今の住宅事情などから、近年は、神棚の直ぐ下に垂らすように貼ってお祀りする御家庭が多いようです。神棚が無い場合は、御家庭のなるべく中心となる場所で、清浄な場所に貼ってお祀りして下さい。

④ お宝夢見札
年の始めを縁起の良い初夢で迎えられるよう祈念されているおふだで、お正月の縁起物として知られる「宝船」の絵と、『なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな』という回文歌が書かれています。
1月2日の夜に、このおふだを枕の下に敷いて御就寝下さい(他のおふだのように神棚にお祀りするおふだではありません)。

⑤ 新年(令和5年)版の暦の冊子
高島易断本部編纂、神霊館榎本書店発行の「令和五年 御神宝」という、全32ページの冊子です。特定の日の吉凶を知りたい場合などは、この暦でお調べ下さい。

⑥ お正月やその関連情報、神宮大麻等の御案内
前出の写真(上から2枚目の写真)中央の黄色の紙は、西野神社の年末年始情報や、令和5年の厄年・年祝・星厄の一覧などが載っているチラシです。
同写真右端の紙は、神宮大麻全国頒布百五十周年記念として神社本庁が今年作成した、神宮大麻についてのチラシです。

 

なお、の「お宝夢見札」は、良い初夢が見られるよう1月2日の夜に枕の下に敷くおふだである事から、3日以降は不要となるため、1月3日以降に頒布する「お正月セット」は、上記のセット内容6体からお宝夢見札を除いたバージョン(5体セット)となります。御了承下さい。

ちなみに、神宮大麻西野神社神札は、単体では各1,000円で頒布しているため、この2体分だけでも計2,000円になりますから、その2体に加えて歳神様の絵札(単体では200円で頒布)や、お宝夢見札(このセットのみで頒布する非売品)、暦の冊子(やはりこのセットのみで頒布する非売品)なども含まれて2,000円のこのセットは、金額的には、おふだをそれぞれ単体で受けるよりも “お得” という事になります。
年末もしくは年始に、御家庭でお祀りされている神棚のおふだを取り替える予定の方は、是非このセットをお受け下さい。

西野神社 授与所窓口

 

神宮大麻西野神社神札は、前述のようにそれぞれ単体でも頒布しておりますので、どちらか一方のおふだだけ拝受したいという方は、勿論、単体でお受け戴く事も可能です。

神宮大麻と西野神社神札

 

下の画像は、数年前に作成された、神宮大麻西野神社のおふだ2体の案内ポスターです。この画像はクリックすると拡大表示されるので、是非拡大の上御覧になって下さい。

ふたつでひとつ

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

七五三の日

9月23日付の記事で詳述したようにここ北海道に於いてはその限りではないのですが、全国的には、本日(11月15日)が所謂「七五三詣の日」とされています。
七五三の歳に該当されているお子さん(いずれも数え年で、3歳・5歳の男児、3歳・7歳の女児)がおられる場合は、そのお子さんと一緒に、是非お近くの氏神神社さんにお参りに行きましょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

神道青年全国協議会(@shinseikyo)がシェアした投稿

 

 

ところで、前述のように七五三の歳は、いずれも数え年で男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳が本来なのですが、近年は、数え年ではなく満年齢で七五三詣に来られる方も少なくはないですし、また、稀にではありますが、明らかに本来の七五三とは異なる年齢(例えば男児の7歳、女児の5歳など)で七五三詣に来られる方もいらっしゃいます。
それぞれの家によっていろいろと事情もある事でしょうから(例えば、海外に居住していたり長期入院するなどしていたため本来の七五三の歳に神社にお参り行く事が出来なかった、単にその年にお参りに行くのを忘れていた、など)、当社としては、お子さんの年齢が七五三の歳と一致していない場合でも、そのお子さんや御家族の方々が希望する場合は七五三詣の御祈祷を執り行いますので(七五三の歳とお子さんの実年齢が余りにもかけ離れている場合は別ですが)、七五三の歳とは少し違うものの七五三詣の御祈祷を受けたいという方は、是非当社にて御祈祷をお受け下さい。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

西野神社参集殿 ギャラリーの御利用案内

参集殿 正面全景

 

本年1月末に竣工したばかりの、当社境内に於ける現時点での最新の建物「参集殿(さんしゅうでん)」について、8月25日付の記事では「参拝者休憩所」としての側面から詳しく紹介致しましたが、今回の記事では「各種行事等の会場として使用可能なギャラリー」として、その御利用(貸し出し)に関する詳細を紹介させて頂きます。

ちなみに、ギャラリーとして使用されない時、参集殿は原則として参拝者休憩所として一般開放しております。但し、当社にて執り行われる神前結婚式の、新郎新婦・親族等の控え室や、会食・祝賀会・披露宴等の会場として参集殿が使用される時は、休憩所としての御利用に一部制限が生じる事もありますので御了承下さい。

 

【利用目的】
・絵画、写真等美術工芸品の展示・販売等
・電子ピアノ、歌唱等のミニコンサート

【利用期間】
・結婚式など当社での使用が無い時であればいつでもご利用いただけます。
・一日単位での貸し出しになります。
・原則9:00~17:00迄ですが、ご希望に応じて調整いたします。

【利用料金】
・一日  ホール全部利用で5000円  部分利用で3000円
・コンサート利用の場合 一日 10000円(舞台設営 別途5000円)
・利用日の前日までに現金もしくはお振り込みでお支払いいただきます。

【申し込み方法】
・実際に参集殿をご覧いただいた後、申込用紙に必要事項をご記入いただきます。
・電話、ネット等ではご予約いただけません。
・ご予約は利用日の50日前から承ります。
・キャンセル料等はいただきません。

【その他注意事項】
・案内状・ポスター・チラシなどの作成や発送は展示者のご負担でお願いします。
・受付等のお手伝いは致しません。
・展示内容がお申し込みと異なる場合や第三者への転貸などはお断りいたします。
・展示作品や貴重品の管理は展示者の責任でお願いいたします。
・破損・火災等の損害に関して責任を負いかねます。
・設備の破損・汚損があった場合、状況に応じて修理費用をご負担いただきます。
・壁・床・天井へのビス、釘、ピン等の使用は出来ません。
・搬出時は原状復帰をお願い致します。
・特定の政治・宗教(神道以外)や公序良俗に反する物はご利用いただけません。
・火気・騒音等近隣に迷惑になる展示や演目はご利用いただけません。
・参集殿内は全面禁煙です。また、ペットはお入りいただけません。

 

西野神社参集殿ギャラリー



西野神社参集殿 作品展「其々のかたち」
▲ ギャラリーの使用例(作品展)

 

参集殿での作品展「さやけし夜に 朝田千佳子 和紙織り」
▲ ギャラリーの使用例(作品展)

 

令和4年 西野神社「天の岩戸のクラフト祭」
▲ ギャラリーの使用例(作品展)

 

西野神社参集殿でのコンサート「カンテレカンタービレ」
▲ ギャラリーの使用例(コンサート)

 

西野神社参集殿(舞台設置例)
▲ ギャラリーの使用例(舞台使用)



文責:西野神社権禰宜 田頭

西野神社境内の紅葉と、この時期の境内掃除

札幌は今、紅葉の時期を迎えていて、当社境内木々の葉も鮮やかな赤や黄色に色付いており、それらの木々や葉を見ると、秋がかなり深まってきている事を実感します。
木によっては、もう半分以上の葉が散っているものもあり、また、最近は肌寒い日が増えてきている事などから(札幌市内の手稲山では既に先月、初冠雪が観測されています)、実際にはもう、徐々に近づきつつある冬の足音すら感じられます。

以下の写真はいずれも、この時期の当社境内の、紅葉の様子です。現在の西野神社境内の木々は、このように色づいております。

令和3年 西野神社の紅葉
令和3年 西野神社の紅葉
西野神社境内の紅葉(参道)
令和3年 西野神社の紅葉
令和3年 西野神社の紅葉
令和3年 西野神社の紅葉
西野神社境内の紅葉(創祀120年記念碑)
西野神社境内の紅葉(社務所前)
令和3年 西野神社の紅葉
西野神社境内の紅葉(参集殿前)
西野神社 秋の境内
令和3年 西野神社の紅葉



当社では毎朝、朝拝の前に宮司以下神職全員で境内各所の掃除をするのですが、今の時期は落葉の量が大変多いため、竹ボウキを使うだけでは間に合わず、ブロワという清掃用の携帯式送風機を2台同時に併用する事もあります。しかし、それでも境内の掃除は春や夏以上に時間がかかり、この時期は、朝拝が終わってから再び掃除の続きをする事が多くなっています。

以下の写真はいずれも、この時期の境内の清掃作業(落ち葉集め)の様子です。

紅葉時期の境内清掃(ブロワ)
紅葉の時期の境内清掃
紅葉時期の境内清掃(参道)
紅葉時期の境内清掃(芝生)
第2駐車場出入口

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

【11月1日限定】 吉祥来福 月詣守(霜月守)

当社では、カード型の「吉祥来福 月詣守(きっしょうらいふく つきもうでまもり)」を、毎月1日限定で授与所窓口にて授与しております。
この月詣守は月別に全12種あり、本日授与する月詣守は、11月の別称をそのままお守りの名前とした「霜月守」となります。

今日、当社へ朔日詣(ついたちもうで)に来られる方は、朔日詣をされた証として、また、吉祥来福のお守りとして、是非このお守りをお受け下さい。初穂料は、1体600円です。

西野神社 月詣守(霜月)

 

西野神社 月詣守(霜月)

 

上の写真にもその名が写っている通り今月の月詣守は「霜月守」という名ではありますが、霜月(11月)の1か月間常に授与しているお守りではなく、前述のようにあくまでも本日(11月1日)だけの限定授与ですので、その旨御了承下さい。

ちなみに、来月1日に授与する月詣守は、12月の別称がそのままお守りの名となった「師走守」となります。宜しくお願い致します。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭