西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

[表紙]

西野神社

記事一覧 過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。

◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。
◆ この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、「表紙」であるこの記事に付けられたコメントは、削除させて頂きます。
◆ このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。私は宮司ではありませんので、宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログのコメント欄に投稿されても私としてはお答え出来ません。御了承下さい。
◆ このブログに表示される広告は、いずれも、このブログが無料で利用出来るブログであるが故に当社や管理人の意向とは無関係に表示されるもので、広告の内容と当社とは一切関係がありません。

令和二年度がスタート!

3月末日の昨日を以て、「平成31年度」であり「令和元年度」でもあった旧年度が終わり、4月1日となった本日から、新年度「令和2年度」が始まりました。
令和元年は5月1日から始まっているため、令和の御代となってから初めて迎える4月でもあります。

歩きながらお花見をする人のイラスト(マスクあり)

新年度初日の今日は、官公庁・会社・学校・各種団体などの “年度始め” でもあり、全国各地の新入職員・新入社員・新入生等にとっては、新しい生活が始まる、お目出度い門出の時期でもあります。
神社界に於いても、毎年4月1日は新たな神職や巫女、その他の職員等を迎え入れる季節であり、北海道内でも、新たな神職や巫女などが今日から数名、職員として任用されたと伝え聞いております。

そのため本来であれば、今時分は春の清々しい陽気と相まって期待に胸が膨らみ心が躍る季節でもあるのですが、皆様御存知のように今は世界各地で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっており、そのため、新型コロナウイルスやそれによって引き起こされている経済的損失・不況等によって、現在、日本のみならず世界は多大な困難に直面しています。

このような事態を受け、全国の神社ではこれ以上の感染拡大を何としても阻止すべく、恒例行事の中止・延期・規模縮小や、境内各所の消毒徹底、社殿や待合室などの換気徹底、神職や巫女のマスク常時着用、参拝者が直接手に触れる物の一時撤去など、出来うる限りの様々な対策を講じており、また、どの神社に於いても大前では日々、一日も早い感染拡大終息と、感染された方々の御平癒を、切にお祈り申し上げています。

当社の氏子・崇敬者の方々や、このブログを読んで下さっている読者の皆様方に於かれましても、不要不急の外出は極力控える、多数の人々との接触も極力避けるなど、色々と不便な生活を強いられている事と思います。
そういったストレスから、体調は悪くなくても所謂 “コロナ疲れ” や “自粛疲れ” の状態になって気が滅入っている、といった方も少なくはないのではないかと推察しますが、どうか、引き続き感染予防に努め体調を崩す事の無いよう、くれぐれも健康にはお気を付け下さい。

明けぬ夜はありません。上がらぬ雨もありません。暫くはまだ先の見通せない厳しい状況が続きそうですが、感染拡大終息まで、みんなで頑張って持ち堪えましょう!
そして、最前線で闘ってくれている医療関係の皆様方、本当にお疲れ様です!

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

冬から春への過渡期に於ける境内の景観と各種美化作業

札幌では、標高が高い場所や日が当たらない場所などの一部を除き、先週頃から気温の上昇や降雨などによって大半の雪が溶けてきております。
当社境内に於いても、気温上昇による雪融けと、宮司が連日自らホイールローダー(タイヤショベル)を運転・操作して境内各所の雪山を崩して均していた事などにより、昨年の年末頃から境内全域の地面を覆っていた氷雪は、以下の写真3枚のように今はかなり少なくなっています。

雪融けが進みつつある3月下旬の西野神社境内
雪融けが進みつつある3月下旬の西野神社境内
雪融けが進みつつある3月下旬の西野神社境内


以下の写真2枚は、いずれも当社第一駐車場の全景で、1枚目の写真は先月末頃に、2枚目の写真は今日、撮影したものです。どちらも同じ場所ですが、比較すれば一目瞭然、現在はここまで雪が融けています。

3月上旬の西野神社境内
雪融けが進んだ3月下旬の西野神社境内


境内の氷雪の大半が融けた事に伴い、まだ一部に厚い氷が残っている参道や社務所玄関前などでは、ここ数日、神職一同でツルハシやアイスピック等の氷割りの道具を使って、地面の氷を砕く作業を行っています。

西野神社 境内での氷割り
平成29年3月 西野神社境内での作業


また、参道や第一駐車場などでは、氷雪が融けた後の石畳の上を、高圧洗浄機で洗浄する作業も行っています。これは、根雪の下でこびり付いていたり蓄積していた泥を、水圧で吹き飛ばす作業です。

境内の地面を高圧洗浄機で洗浄中
境内の地面を高圧洗浄機で洗浄中


まだ少し残雪はあるものの、境内は徐々に春の装いになりつつあり、本格的な春の到来が待ち遠しいです!

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う西野神社の対応(その3)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、各国政府や国際機関、各自治体や各団体などが様々な対策が講じておりますが、残念ながら国内外で日々新たな感染者が判明しており、依然として予断を許さない厳しい状況が続いております。

こういった現状を受けて、当社とては感染防止策を今まで以上に更に徹底する事とし、具体的には、不特定多数の方々が直接手で触る箇所を極力減らるための施策として、本日から手水舎の柄杓(ひしゃく)と、拝殿向拝の鈴緒を、それぞれ一時撤去させて頂きました。
手水舎は、閉鎖したり立入禁止にしたりなどはしておりませんが、今は柄杓が無い状態で、そもそも浄水の元栓も閉めておりますので、事実上、使用は出来ない状態となっています。

令和2年3月下旬の手水舎

 

以下の写真3枚はいずれも当社の拝殿向拝を写したもので、上から、鈴緒が3本垂れている状態(年始)、鈴緒が1本垂れている状態(平時)、そして、鈴緒を撤去した本日の状態です。
鈴緒を交換するため、ほんの数分程度、鈴緒が垂れていないという状況は過去にも何度かありましたが、今回のように数日間に亘って鈴緒が無い状態になるというのは、私が知る限りでは初めてです。

西野神社拝殿向拝と鈴緒3本
西野神社拝殿向拝と鈴緒
新型コロナウイルス対策のため鈴緒を外した状態となっている拝殿向拝

 

また、来月25日の西野神社春季例祭は、神事(大祭)は予定通り執り行いますが、直会については中止とさせて頂きます。
来月開催予定の、総代会敬神婦人会の、定例総会・会議等については、今のところ開催を予定しておりますが、いずれも1時間を超えない程度で終わらせる事を目途とし、更に、開催場所(広間)の換気を徹底し、出席される方々には手洗い・アルコール消毒・マスク着用などの対応をお願いさせて頂きます。

皆様方には御迷惑やお手間をかけさせる事となり恐縮ですが、現在の情勢を鑑み御理解・御協力の程、宜しくお願い致します。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う西野神社の対応(その2)

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、神社によっては、手水舎を閉鎖して手水の使用を禁止したり、昇殿して貰う際は一回の御祈祷につき一家族だけに限定したり、神事の時も含めて神職が常時マスクを着用するようにしたり(その場合でも祝詞奏上の時だけは外しているそうですが)、境内に立ち入る参拝者にもマスクの着用をお願いしたり、御神門のある神社はいつもよりも閉門時間を早めたりと、様々な対策を講じているようです。

当社でも、新型コロナウイルス感染症への対応に関するお問い合わせを受ける事がありますが、当社としては、現時点では前回の記事で述べた通りの対応をしております。
御祈祷の執行や御朱印をお頒ちする時間は午前9時から午後4時半まで、授与所窓口での授与品頒布は午前9時から午後5時までで、いずれも普段通りに対応しております。

令和2年3月17日の西野神社境内の景色
令和2年3月17日の西野神社境内の景色

 

御祈祷については、当社に於いては、今の時期は御祈祷を受けに来られる方が元々少ない事もあって、「昇殿は一回の御祈祷につき一家族だけ」といった制限は特に設けてはおりません。しかし、この時期でも安産祈願の御祈祷を受けに来られる方が多い「戌の日」などは、時間帯によっては混み合う事もあるため、その際は時間変更をお願いする事もあり得ます。その折は、恐れ入りますが御協力お願い致します。

西野神社社殿での御祈祷

 

ちなみに、今日の記事に貼付の写真3枚は、いずれも本日撮影した当社境内及び当社社殿内の様子です。当社に於いては、いつも通りの日常の景色です。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う西野神社の対応

新型コロナウイルス感染症の大規模な拡大に伴い、現在当社の神職巫女達は、全員が常時というわけではありませんが必要に応じて、社務所授与所などではマスクを着用した上で御参拝の方々の応対をさせて頂いております。
あくまでも感染予防対策としての着用であり、体調不良によるマスク着用ではありません(当社の神職・巫女達が先月受診した健康診断では、受診した全員に何らの異常も無い事が確認されています)ので、御理解の程、宜しくお願い致します。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う西野神社の対応

 

社殿での御祈祷、授与所での授与品授与、社務所での書き置き御朱印の頒布などは、いずれも通常通りの対応をしておりますが、参拝者の安全確保と不安払拭のため、特に今年に入ってからは、境内の各建物内は昨年以上に入念に掃除・除菌・換気等を行うよう努めております。
ドアノブ、手すり、照明のスイッチ、蛇口の栓、洋式トイレの便座など、直接身体が触れる箇所については重点的に除菌しており、また、平年の冬期は閉めたままの拝殿正面中央の扉も、現在は換気のため一日に何度か全開しております。このため、暖房は点けていますが社殿内の温度が一時的に下がっている事もありますので、昇殿して御祈祷を受けられる方は、なるべく暖かい服装でお越し下さい。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う西野神社の対応

 

なお、手水舎に置かれている祓い串拝殿向拝の鈴緒創祀百二十年記念碑犬の石像槐(えんじゅ)の木などは、多くの方々が触ったり撫でたりされておりますので、これらに触れた方は、参拝後各自手洗いや消毒をするよう、御協力お願い致します。

その他、今後の情勢や推移により当社の対応等が変更となる場合は、当社ホームページのトップページやこのブログで随時お知らせ致します。お手数ですが、皆様方の御理解と御協力をお願い致します。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭