西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

[表紙]

西野神社

記事一覧 過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。

◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。
◆ この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、「表紙」であるこの記事に付けられたコメントは、削除させて頂きます。
◆ このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。私は宮司ではありませんので、宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログのコメント欄に投稿されても私としてはお答え出来ません。御了承下さい。
◆ このブログに表示される広告は、いずれも、このブログが無料で利用出来るブログであるが故に当社や管理人の意向とは無関係に表示されるもので、広告の内容と当社とは一切関係がありません。

今月7日の人形供養祭に向けて、人形等が連日続々と納められております

先月5日付の記事で御案内した通り、毎年3月恒例の神事「西野神社人形供養祭」は、本年も、神事そのものは中止する事なく予定通り行いますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため昨年と同じく、一般の方々の御参列(お立合い)は御遠慮して戴く事となります。御了承下さい。

平成25年3月 人形供養祭

 

本年の人形供養祭は3月7日・日曜日に執り行いますが、その際に御供養(お焚上げに先立って清祓い)させて頂く事になる古い人形・ぬいぐるみ等は、受付(お預かり)を開始した先月15日以降、続々と当社に納められています。
人形供養祭当日まで受付しておりますので、神社に納めてお焚き上げして貰いたい人形・ぬいぐるみ等がある場合は、今月7日までに当社に直接お持ち戴くか、もしくはお送り下さい。宜しくお願い致します。

 

以下の写真はいずれも本日撮影した、今月の人形供養祭に向けて参集殿の祭壇等にずらっと並べられている各種人形類です。札幌市外・北海道外など遠方から郵送されてくるものも多く、人形供養祭当日までまだまだ増えそうです。

令和3年3月 人形供養祭の準備
令和3年3月 人形供養祭の準備
令和3年3月 人形供養祭の準備
令和3年3月 人形供養祭の準備

 

なお、当社に納められた人形・ぬいぐるみ等のうち燃える材質のものについては全て、人形供養祭を終えた当日中に、当社境内にある焼却炉(下の写真に写っている焼却炉)でお焚き上げします。
毎年1月15日に行うどんど焼きの時のように、持ち主の方々御参列のもと屋外の斎場で野焼きする、という形でのお焚き上げではありませんが、神域にある専用の焼却炉で、清浄な忌火にて神職自らお焚き上げ致します。
ちなみに、燃えない材質のもの(可燃物であっても燃やすと著しく黒煙を出すもの等も含む)については、人形供養祭を終えた後、お焚き上げ専門の業者さんにお焚き上げを委託しますので御了承下さい。

西野神社境内の焼却炉

 

以下の各記事は、いずれも過去にこのブログにアップした、人形もしくはそれに類する玩具等についての話題の記事です。興味のある方は、これらの記事も併せて御一読下さい。

▼平成18年2月26日 「人形」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20060226

▼平成18年3月3日 「ひなまつり」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20060303

▼平成19年3月1日 「男雛・女雛の並べ方」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20070301

▼平成20年3月3日 「雛祭り」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20080303

▼平成30年5月18日 「フィギュア供養」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/20180518

▼令和元年11月26日 「フィギュアに霊魂は宿るのか? ボーカロイドキャラクターに霊魂は宿っているのか?」
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/2019/11/26/000000

▼令和2年4月27日 「会津の郷土玩具 赤べこ
https://nisinojinnjya.hatenablog.com/entry/2020/04/27/000000

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

五年祭

今日は午前11時から当社の参集殿で、5年前に帰幽された神徒さんの「五年祭」が執り行われ、御遺族の方々が参列されました。
以下の写真2枚は、本日のその五年祭が執り行われる直前の、当社祖霊殿(参集殿の上座)に鎮座する御霊舎(みたまや)です。

西野神社での霊祭
西野神社での霊祭

 

御先祖様の御霊(みたま)を慰め申し上げ子孫の繁栄などを願う「祖霊祭」(みたままつり)は、日毎、月毎、春秋などの季節毎、年毎などに行なわれますが、それらの中でも特に年毎に行なうものを「年祭」と言い、本日の五年祭はその名の通り、故人が亡くなられてから5年目に斎行された年祭でした。

神道に於ける年祭は、仏教でいう年忌法要に当たりますが、儀礼を行う年次は法要(仏事)とは異なり、地域によって一部異なりますが大抵は、1、2、3、4、5、10、20、30、40年と行われ(より丁寧に、毎年欠かさず行なう場合もあります)、50年に最後の年祭として五十年祭が行われます。
そして、五十年祭が行われると、その頃には、故人の事をほぼ知らない世代が遺族の代表となっていますので、それを一つの節目として「祭り上げ」を行い、以後は個人としてのおまつりは行わず、歴代の祖先と共におまつりを行います。祭り上げ後の故人の御霊は、清められて、神様と祖先の元に帰ると云われています。

但し、地域や事情によっては30年で祭り上げを行う事もあり(その場合は三十年祭が最後の年祭となります)、また、稀な事例ではありますが故人が特別な人物であった場合は、50年以降も年祭を継続する事があります。例えば、徳川家康公を御祭神としてお祀りしている全国各地の東照宮では、家康公の没後400年となる平成27年に「四百年式年大祭」を執り行っています。
もっとも、この場合の家康公は、他の御霊(みたま)と同じように祖霊殿や御霊舎などでお祀りされていたわけではなく、神社の御本殿で御祭神としてお祀りされていたため、この四百年祭はあくまでも本殿にて執り行わた大祭であり、純然たる祖霊祭とはいえず、やはりかなり特殊な事例には違いありません。

なお、毎年の命日(帰幽当日)に行われる祖霊祭は、特に「正辰祭」(せいしんさい)と言います。
また、年祭の事は「式年祭」とも言いますが、一部の神社で行われている由緒ある式年祭の神事(例えば、20年毎に行われる伊勢の神宮式年遷宮春日大社の式年造替、12年毎に行われる鹿島神宮香取神宮の式年神幸祭、7年毎に行われる諏訪大社の式年造営御柱大祭など)とは区別する意味から、通常は単に「年祭」と称する事のほうが多いようです。

 

以下の写真3枚は、いずれも過去(数年前)に撮影されたもので、今日撮られたものではありませんが、当社で執り行う祖霊祭のイメージ写真として、参考までにここに貼付致します。

西野神社の参集殿・祖霊殿で斎行される霊祭
西野神社での霊祭
西野神社の霊祭での饌

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

女性週刊誌「女性自身」で、がん封じに御神徳のある神社として紹介されました

毎週火曜日に光文社から発売されている女性週刊誌「女性自身」の最新号(2021年2月23日号、通巻2944号)で、「全国がん封じ寺社⑰」という特集が組まれ、北海道から沖縄までの全国各地に鎮座する17社寺が紹介されたのですが、それら17社寺のなかの一社として、当社も紹介されました。

「女性自身」2/23号(2944号)より

 

以下の画像は、当社が紹介されたページです。この画像はクリックすると拡大表示されますので、是非拡大の上、御覧下さい。

「女性自身」2/23号(2944号)より

 

北海道からは、唯一当社のみが紹介されていました。なお、西野神社紹介の文章は、当社が執筆もしくは監修したものではありません。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

令和三年 紀元祭

今日(2月11日)は、“我が国のお誕生日” に相当する「建国記念の日」です。

建国記念の日とは、当社本殿でお祀りしている西野神社御祭神の一柱であられる鵜草葺不合命様の御子である神倭伊波礼琵古命様が、大和国橿原の宮(現在の橿原神宮)で初代天皇神武天皇」として御即位された日(神武天皇元年・皇紀元年・紀元前660年・日本書紀によると辛酉年の、正月朔日)を太陽暦に換算し、その日(太陽暦での2月11日)を、「日本が建国された日」「日本のはじまりの日」としてお祝いする記念日です。

国旗

昭和23年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」の第2条で、「建国をしのび、国を愛する心を養う」と規定されている国民の祝日で、国民一人ひとりが今日に至るまで建国の精神を守り伝えてきた先人達の努力に感謝と敬意を捧げ、我が国の更なる発展を願う、という趣旨の記念日でもあります。
明治6年に「紀元節」として祭日に定められ、戦後、GHQによって一度は廃止されましたが、紀元節の復活を望む多くの国民世論を受けて昭和41年、祝日法改正により「建国記念の日」として、改めて国民の祝日に加えられました。

ちなみに、旧日本海軍の技術・伝統を継承している海上自衛隊では毎年この日、基地や一般港湾等に停泊している艦艇で、祝意を表すために艦首からマストを通して艦尾までの旗線に信号旗などの旗を連ねて掲揚して飾る「満艦飾」(まんかんしょく)を行なっています。

 

その「建国記念の日」の今日、当社では例年通り午前11時から、参列者全員で偉大な建国の大事業を祝福して感謝の真心を捧げる祭典「紀元祭」が、中祭として執り行われました。
また、紀元祭に先だって午前10時からは、参集殿総代会の会議も開かれ、今年度の当社の事業報告やそれに関する意見交換等が行われました。

令和3年2月11日 西野神社 朝の風景
令和3年2月11日 西野神社 紀元祭
令和3年2月11日 西野神社 紀元祭
令和3年2月11日 西野神社 紀元祭
令和3年2月11日 西野神社 紀元祭
令和3年2月11日 西野神社 紀元祭

 

以下の動画2本は、いずれも当社とは直接的な関係はありませんが、紀元節紀元祭に因んだ唱歌です。1曲目(1本目の動画)は、明治26年に告示された文部省唱歌紀元節」で、2曲目(2本目の動画)は、明治34年発刊「教科適用 幼年唱歌・二編中巻」に掲載された唱歌神武天皇」です。
これらの動画では、神社や自衛隊の駐屯地・基地などでもライブを行っている事で知られている、平成3年生まれの大阪府出身の歌手・山口采希さんが歌われています。

 

なお、紀元祭神武天皇、建国の神話などについて興味をお持ちの方は、以下の各記事(いずれもこのブログに過去にアップした記事です)も併せて御一読下さい。

神武天皇の御生涯
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20060403

神武天皇即位を元年とする皇紀について
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20060603

神武天皇が発せられた橿原奠都の詔について
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20090210

▼ 神話を知る事、学ぶ事の意義
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20110819

▼ 一度廃止された紀元節が、建国記念の日と名を変えて復活した経緯
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20120211

▼ 神話に起源を持つ王朝が現在も続いているのは日本のみである事の意義
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20160211


今日の紀元祭の様子を写した写真は、「西野神社アルバム」の「令和3年2月 紀元祭」のページ(下記URL)にもアップしておりますので、宜しければこちらも是非御覧下さい。
https://f.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/R030211%20%E7%B4%80%E5%85%83%E7%A5%AD/?sort=old

文責:西野神社権禰宜 田頭

令和三年 人形供養祭の御案内

当社では毎年ひな祭り(3月3日)の次の日曜日に、慣例により「人形供養祭」という祭典名で、お焚上げに先立つ人形清祓の神事を斎行しており、今年は3月7日の午前11時から参集殿に於いて人形供養祭を執り行います。
「ひな祭り当日」ではなく、「ひな祭りの次の日曜日」に斎行するため、毎年飾っておられるひな人形をお納めになる方は、是非、来月のひな祭りの日には御自宅でそのひな人形をお飾りし、人形達と最後のお別れをされてから、当社へお納め下さい。

令和2年 西野神社人形供養祭の準備
令和2年3月 西野神社 人形供養祭

 

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、所謂「密」となる状態を避けるため、昨年の人形供養祭同様 本年の人形供養祭も、神職のみでの斎行とし、皆様方の御参列(お立合い)は御遠慮して戴く事となりました。御参列を予定されていた方には申し訳ありませんが、御理解・御了承下さい。

 

お持ちの人形・ぬいぐるみ等を当社へお納めされる方は、今月15日から、人形供養祭当日(来月7日)までの間(時間は、平日・土日に関係なく毎日午前9時から午後4時半までの間)に、その人形・ぬいぐるみ等を当社の社務所までお持ち込み下さい。

遠方にお住みの場合や、その他の事情により直接当社まで持って来る事が困難な場合は、郵送でもお受けしておりますが、人形供養祭当日の3月7日を過ぎると原則として次のお預かり期間(5月1日から7月31日)までお預かりは出来なくなりますので、直接持って来られる場合でも郵送の場合でも、当該期間内にお納め下さいますようお願い致します。

西野神社 社務所玄関(人形供養受付)

 

【初穂料について】
初穂料はあくまでも「お気持ち」として納めて戴くものなので、厳密に金額を設定しているわけではありませんが、一応の目安として、「人形・ぬいぐるみ等の数や大きさに関係なく、45リットルのビニール袋1袋に収まる程度の量で3千円」を基準に納めて戴いております(人形が1体だけでも、あるいは何十体であっても、1袋に収まる量であれば3千円、という基準です)。
そして、45リットルのビニール袋2袋分以上になる場合は、1袋分増える毎に2千円ずつ加算させて頂いております。
ちなみに、「45リットルのビニール袋1袋分で3千円」「1袋分増える毎に2千円ずつ加算」というのは、あくまでも、45リットルのビニール袋に「もし」入れたとしたら、という仮定の話、換算の目安であり、人形・ぬいぐるみ等を必ず45リットルのビニール袋に入れてこなければいけないというわけではありません。実際には、紙袋、段ボール箱など、どういったものに入れて持って来られても大丈夫です。

 

【神社にお納め出来るもの】
人形やぬいぐるみ、それに類する物全般をお受け致します。
人形であれば、ひな人形五月人形市松人形博多人形フランス人形民芸品の人形こけし女児用玩具の人形アニメキャラやゲームキャラのフィギュア等、どのようなものでもお預かりしており、大きさ・数量や、材質は問いません。
ダルマお面羽子板や、人形の絵が描かれた掛け軸なども、「人形に類するもの」としてお預かり致します。
また、本来「人形に類するもの」とは言えないのですが、動物の剥製についても、慣例によりお預かりさせて頂いております。
但し、仏像や仏画などはお預かりしておりませんので、御了承下さい。仏像や仏画を納めたい方は、お寺さん、もしくはお焚き上げ業者さんに御相談下さい。

 

【なるべくなら御自分で処分されたほうが良いもの】
接着剤や金具等で直接人形に固定されている道具や、人形が手に持っていたり背負っていたり被っていたりする小道具などは、その人形と一緒に神社に納めて戴いて構いませんが、その他の道具、例えば、人形が入っていたガラスケースや、段飾りの段、ひな人形などの屏風、人形を梱包している箱などは、場合によってはお預かり出来ない事もあります。
一般に、段飾りのひな人形のセットなどには、人形以外にも豊富な数の道具類が付属しておりますが、そういった道具類は、御家庭で通常に処分されても差し支えありません(気になるようであれば、塩をかけてお清めするなどした上で御処分下さい)。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭