西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

[表紙]

西野神社

記事一覧 過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。

◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。
◆ この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、「表紙」であるこの記事に付けられたコメントは、削除させて頂きます。
◆ このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。私は宮司ではありませんので、宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログのコメント欄に投稿されても私としてはお答え出来ません。御了承下さい。
◆ このブログに表示される広告は、いずれも、このブログが無料で利用出来るブログであるが故に当社や管理人の意向とは無関係に表示されるもので、広告の内容と当社とは一切関係がありません。

境内で満開を迎えている紫陽花の空撮写真

令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の空撮

 

現在、当社境内の各所で満開となり見頃を迎えている紫陽花(アジサイ)の様子が、先日、ドローンにより空撮されました。当社宮司の知人の方が、御自身のドローンを使って撮影し、その動画を提供して下さったのです。
以下に、その動画から抽出した静止画の一部を貼付します。紫陽花の花々が大変綺麗に咲いております!

令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮
令和4年7月 ドローンによる西野神社境内の紫陽花空撮

 

この作品展の様子や展示物などを写した写真は、「西野神社アルバム」の、「御提供戴いた写真」の項の、令和04年『ドローンからの空撮による境内の紫陽花』のページ(以下のURL)にも多数掲載しておりますので、宜しければこちらも併せて御覧下さい。

https://f.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%A9%BA%E6%92%AE/?sort=old

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

参集殿ギャラリーにて「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」開催中

先月15日付の記事で御案内した通り、現在、当社の参集殿内にあるギャラリーでは、「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」という作品展が開催されております。

天竺木綿に染料を刷毛染めし筆描きを加えて絵に仕上げる手描き友禅と水墨とを併せた独自の絵画で知られる、地元作家 植田莫(うえだばく)先生による、漂白の俳人 種田山頭火の俳句からイメージした心象風景「山頭火句抄絵」をテーマにした素敵な作品が、多数展示されています。

西野神社参集殿「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」
西野神社参集殿「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」
西野神社参集殿「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」
西野神社参集殿「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」

 

この作品展は、今月26日までの毎日、午前10時から午後5時まで開催されており、開催中はどなたでも入場し御覧戴けますので(入場無料)、皆様是非お越し下さい。展示品の販売も併せて行なっております。

西野神社参集殿「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」
西野神社参集殿「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」
西野神社参集殿「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」
西野神社参集殿「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」

 

以下の写真はいずれも、SNSに投稿されている、今回の作品展の写真や感想などです。

 



この作品展の様子や展示物などを写した写真は、「西野神社アルバム」の令和4年7月『参集殿での作品展「植田莫 山頭火句抄絵 作品展」』のページ(以下のURL)にも多数掲載しておりますので、宜しければこちらも併せて御覧下さい。

https://f.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/R040720%20%E6%A4%8D%E7%94%B0%E8%8E%AB%E5%B1%95/?sort=old

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

西野神社敬神婦人会 設立20周年記念行事

西野神社関係5団体(設立順に、西野神社総代会西野神社萬燈保存会西野神社神力會西野神社敬神婦人会西野神社氏子青年会皐月会)のひとつである、平成14年に発足した西野神社敬神婦人会は、本年、設立から丁度20年という節目を迎え、それを記念して昨日、「西野神社敬神婦人会 設立二十周年記念行事」が執り行われました。

以下の写真は5枚はいずれも、昨日の午前10時から当社社殿にて斎行された、西野神社敬神婦人会創立二十周年奉告祭の様子と、同奉告祭の直後に拝殿内で撮影された参列者達の集合写真です。

西野神社敬神婦人会 設立二十周年奉告祭
西野神社敬神婦人会 設立二十周年奉告祭
西野神社敬神婦人会 設立二十周年奉告祭
西野神社敬神婦人会 設立二十周年奉告祭
西野神社敬神婦人会 設立二十周年奉告祭

 

そして奉告祭が終わった後は社務所広間にて、会長挨拶、宮司挨拶、20年在籍会員への記念品贈呈、宮司による記念公演などが行なわれました。以下の写真6枚はいずれもそれらの様子です。

西野神社敬神婦人会 設立二十周年記念行事
西野神社敬神婦人会 設立二十周年記念行事
西野神社敬神婦人会 設立二十周年記念行事
西野神社敬神婦人会 設立二十周年記念行事
西野神社敬神婦人会 設立二十周年記念行事
西野神社敬神婦人会 設立二十周年記念行事

ちなみに、丁度10年前に行なわれた敬神婦人会創立十周年記念行事では、奉告祭の後に祝賀会が開かれ、その祝賀会には総代長、顧問、西野神社関係他団体の会長さん達も来賓として出席して戴くなどしましたが、この度の記念行事は、全国的に感染症が再拡大している現状を鑑みて、感染症対策のため祝賀会は開かず、関係者の招待も行なわず、あくまでも敬神婦人会だけの内々の行事として執り行われました。

 

昨日の敬神婦人会創立二十周年記念行事の様子を写した写真は、「西野神社アルバム」の令和4年7月「西野神社敬神婦人会設立20周年奉告祭、同記念行事」のページ(下記URL)にも多数掲載させて頂きましたので、宜しければこちらも是非御覧下さい。
https://f.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/R040718%20%E5%A9%A6%E4%BA%BA20%E5%91%A8%E5%B9%B4/?sort=old

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

西野神社境内は七夕仕様に装飾されています

七夕(たなばた)の行事は、全国的にみると7月7日に行う地域と8月7日に行う地域に大別され(それ以外の時期に行う地域もありますが)、北海道内は、どちらかというと8月7日に行なわれている地域が多い印象を受けます。
ただ、札幌市内でも幼稚園や保育園などでは、恐らく8月7日は夏休み中なのでそうしているのではないかと推測しますが、7月7日に七夕の行事を行なっている所が多いようです。

当社では例年、初宮参り七五三参り御祈祷を受けたお子様達を招待して8月7日に「七夕まつり」という行事を開催しておりますが、その七夕まつりに先立って、昨日は拝殿向拝の左右に、七夕の飾り物や短冊(たんざく)を吊るすための「青竹」を設置しました。
また、同時に境内各所にも七夕の飾り付けを行ない、今年は初めて電飾も付けました。当社の境内は七夕まつりが行われる来月7日まで、以下の写真や動画のような七夕仕様となります。

令和4年7月 七夕仕様の西野神社境内
令和4年7月 七夕仕様の西野神社境内
令和4年7月 七夕仕様の西野神社境内
令和4年7月 七夕仕様の西野神社境内
令和4年7月 七夕仕様の西野神社境内
令和4年7月 七夕仕様の西野神社境内

 

拝殿向拝の、向って右側の青竹の直ぐ後ろに置かれている、賽銭箱右隣の台()には、来月7日まで、色紙の短冊と筆記具も常置します。
これらの短冊(下の写真の色紙の短冊)は無料で配布しており、どなたでも願い事を自由にお書き戴く事が出来ます。書かれた短冊は御自身の手で、拝殿向拝の左右いずれかの青竹のお好みの所に吊して飾り付け下さい。

七夕の短冊
七夕の短冊を吊るす参拝者

 

また、授与所窓口前の奥に置かれている絵馬掛けの直ぐ前にも、短冊を吊るすための「笹の木」を1本設置しております。

西野神社絵馬掛け前の「笹の立木」(造花)
西野神社絵馬掛け前の「笹の立木」(造花)

 

この「笹の木」に吊るす専用の短冊は、授与所の窓口にて頒布しております。但し、こちらの短冊は前述の色紙の短冊とは別物で、以下の写真のように、薄い木製の短冊(授与品としての名称は短冊絵馬)となっております。授与期間は、色紙の短冊と同じく来月7日までです。

西野神社 短冊絵馬
西野神社 短冊絵馬

この木製の短冊は、授与所の窓口が開いている時間(毎日午前9時から午後5時まで)のみの授与となり、また、色紙の短冊とは違って有料(1体200円)での授与となり、更に、吊るして飾る場所も、前述のように色紙の短冊(拝殿向拝に設置している青竹)とは違う場所(絵馬掛けの直ぐ前に設置している笹の木)となりますので、御注意下さい。

つまり、当社で授与する七夕の短冊は、「色紙の短冊」と「木製の短冊」の2種類があり、願い事を書いた後に飾り付ける場所も両者では異なるという事です。どちらの短冊も趣旨や目的は同じなので、お好みによりどちらかを選択して下さい。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

境内の紫陽花が見頃を迎えつつあります

西野神社の夏を代表する風物詩のひとつとして知られる紫陽花(アジサイ)の開花が、先週頃から始まっております。
例年、見頃(満開)になるのは7月の中旬以降なので、これから境内各所でどんどん開花していくと思います。

以下の写真はいずれも今日のお昼頃撮影した、当社の境内各所で咲く紫陽花です。

令和4年7月 西野神社境内の紫陽花
令和4年7月 西野神社境内の紫陽花
令和4年7月 西野神社境内の紫陽花
令和4年7月 西野神社境内の紫陽花
令和4年7月 西野神社境内の紫陽花
令和4年7月 西野神社境内の紫陽花

 

一昨年と昨年の夏、当社手水舎では手水鉢の水面に沢山の紫陽花を浮かべて飾り付け、多くの皆様方から御好評を戴きましたが、今夏もその所謂「花手水」を実施する事となり、今週から始めました。
以下の写真はいずれも昨日や今日撮影したその手水の様子で、現在当社の手水はこのように紫陽花の花々が彩られ、鮮やかで綺麗な様となっております。

令和4年7月 西野神社の花手水
令和4年7月 西野神社の花手水
令和4年7月 西野神社の花手水

ちなみに、神道用語である本来の「花手水」とは、榊の葉を用いて行なう手水の事を指すため、厳密に言えば上の各写真の状態は花手水ではないのですが、昨今は、手水鉢に花を生けたり浮かべたりしているこのような形態を花手水と称するのが一般的になってきています。

 

 

当社境内の紫陽花は、有難い事に本年も皆様方から御好評を戴いており、ここ数日、インスタグラムなどのSNSに、参拝者が撮られた当社の花手水の写真が沢山アップされております。以下に、それらの投稿の一部を紹介致します。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あーちゃん(@achiyan0107)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kasa1213(@kasa1213)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

haruko(@haruko.kna)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1matori(@1matori)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yumi Hori(@cafelattebrothers)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あーにゃん(@achu61328)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

くーにゃん(@kunyansapporo)がシェアした投稿



文責:西野神社権禰宜 田頭