西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

[表紙]

西野神社

記事一覧 過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。

◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。
◆ この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、「表紙」であるこの記事に付けられたコメントは、削除させて頂きます。
◆ このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。私は宮司ではありませんので、宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログのコメント欄に投稿されても私としてはお答え出来ません。御了承下さい。
◆ このブログに表示される広告は、いずれも、このブログが無料で利用出来るブログであるが故に当社や管理人の意向とは無関係に表示されるもので、広告の内容と当社とは一切関係がありません。

埋井祭

昨日は、札幌市内某所の住宅解体現場で、「埋井祭」を執り行いました。
埋井祭というのは、需要が無くなって使われなくなったり、水脈が枯れるなどして使えなくなった井戸を埋める際に、その井戸の前で斎行する神事で、当社の場合、頻度としては1年に1回あるかないかの珍しい外祭ですが、たまに、今回のように解体業者から、解体作業中もしくは解体直前に現場で井戸が見つかったのでお祓いして下さい、という依頼をお受けして御奉仕させて頂く事があります。

井戸

井戸は、水道が無かった時代や、水道はあってもまだ広く普及はしていなかった時代、人が生きていく上で絶対に欠かす事の出来ない貴重な水を得るために掘って作られた大切な取水設備であり、そこで生活をしてきた人達は長い間その恩恵を受けてきたわけですから、不要になったからという人間側の一方的な都合で井戸を勝手に埋めてしまうのは水の神様(井戸の神様)に対して失礼に当たり、そのため、先ずは神様に対して今までの恩恵を感謝申しあげ、その上で、これから井戸を埋めさせて頂きますという事を奉告し、併せて、井戸を解体して埋める作業の安全も祈願する、というのが埋井祭です。

ですから、恩恵に感謝申しあげるという趣旨からいえば、本来は、その地にずっと住み続けて長年実際にその井戸を使ってこられた方々が神様に感謝申し上げるのが望ましく、解体業者の立場からすると、「単に現場でたまたま井戸を見つけてしまった」に過ぎないのですが、それでも、神霊に対して断りもなく勝手に水脈を絶ったり井戸を埋めてしまう事への畏れ(それによって事故や祟りがあるかもしれないという不安など)から、現実には、解体業者としても井戸を見つけた場合は一旦解体工事をストップし、神職によるお祓い(埋井祭)が終わるまでは再開しない、というのが一般的な慣例になっているようです。

また、井戸はその重要性故、古来より井戸そのものも信仰の対象とされる事があり(井戸に水神様がお祀りされる事もありましたし、井戸にまつわる禁忌もいろいろとありました)、民俗学的には、井戸は、地下にあるとされる黄泉の国へ繋がる“異界への入口”とも考えられてきました(昔の怪談でよく描かれる、井戸に幽霊が出る描写などは、その一例です)。兎も角井戸は、我が国では昔からとても大切で神聖なものとして扱われてきたのです。
ちなみに、埋井祭は、地域や神社によって、その次第や所作に差異がありますが、当社が執り行う埋井祭では、普段の神事ではまず使う事のないウメボシやヨシも使います。

現在、埋井祭で見かける井戸の大半は、私達が井戸と聞いて先ずイメージするであろう、時代劇に出てくるような本格的な井戸(武家屋敷の敷地にあったり、あるいは、長屋の直ぐ側にあって町人達が日頃使っているような大きな井戸)ではなく、かなり小型のもので、私が今まで見た限りでは、ポンプや配管の一部が残っているだけだったり、もうほとんど埋まっていて数十センチの浅い穴がある程度だったりする事が多かったです。
しかし、昨日の埋井祭で見た井戸は、珍しくかなり本格的な井戸で、井筒の直系は1メートルくらい、深さは、井戸の底が全く見えなかったためあくまでも私の推測ですが、浅くても5メートル以上、深ければ10メートル以上はあるかも、という感じで、「札幌市内の住宅街の一画に、よくこのような立派な井戸が残っていたなぁ。まるで貞子が出てきそうな井戸だな…」と思いました。
そうしたら、解体業者さんの一人も、その井戸を見ながらボソっと一言「貞子が這い上がってきそうな井戸だな」と呟いておられたので、現在に於ける井戸の代表的なイメージは、時代劇ではなく、「リング」シリーズのヒロイン(?)である貞子なのかもしれませんね(笑)。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

西野神社 御朱印の御案内

西野神社御朱印については、昨年8月27日付の記事をはじめ過去にも何度か紹介させて頂きましたが、今日の記事では改めて、当社の御朱印を紹介させて頂きます。

令和元年6月現在、当社の神職が墨書・押印して参拝者にお頒ちしている御朱印は、大別すると、「通常の御朱印」と「十二支の御朱印 」があります。
このうち、「通常の御朱印」は1種類だけですが、「十二支の御朱印」は、十二支それぞれ(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)に応じた12種類と、それら12種類全てを揃えた方にだけお頒ちする特別な御朱印「吉祥来福」があるため、それら全部を合わせると、西野神社御朱印は計14種類あります。

なお、今年の5月1日に平成から令和へと改元された事を奉祝して、本年に限って特別な御朱印をお頒ちされている神社もあるらしく、そのため当社へも「令和の特別な御朱印ってありませんか?」といったお問い合わせがたまにありますが、当社では、改元記念の特別な御朱印はありません。
昨今の所謂“御朱印ブーム”については各メディアでもよく報じられておりますが、当社では、このブームが始まるずっと前(今から十数年前)から始めた「十二支の御朱印」を含む、前述の14種類以外の御朱印はありません。

ちなみに、当社の御朱印は、御朱印ひとつ(御朱印帳1ページ分)につき、初穂料として300円納めて戴いております。お預かりした御朱印帳を御本人にお返しする際に、その御朱印帳と引き替えにお納め下さい。但し、全14種類のうち「吉祥来福」の御朱印だけは、無料でお頒ちしております。

御朱印を書いている様子
御朱印を書いている様子

 

以下の画像5枚はいずれも、西野神社の社名が中央に大きく記されるタイプの「通常の御朱印」です。
御朱印の墨書は全て、当社神職による手書きであるため、書く人やその時のコンディション、時期等によって、字の大きさや形などにそれなりの相違が生じます。その実例として以下に5枚の御朱印の画像を貼付しますが、書き手の指定は出来ませんので御了承下さい。

西野神社 御朱印
西野神社 御朱印
西野神社 御朱印
西野神社 御朱印
西野神社の御朱印

 

以下の画像3枚はいずれも「十二支の御朱印」で、これは前述の通り十二支に応じて12種類あり、以下の御朱印はそれぞれ上から順に「辰」「未」「戌」です。
御自身の生まれ年に当たる十二支の御朱印を受けていかれる方、当年の十二支(令和元年の場合であれば「亥」)の御朱印を受けていかれる方、十二支の順番に従って先ずは「子」の御朱印から受けていかれる方など、どの十二支のうちどの御朱印を受けていかれるかは参拝者によって様々です。

西野神社 十二支の御朱印
西野神社 十二支の御朱印
西野神社 御朱印(干支)

ところで、じっくりと見た方は気づかれたと思いますが、上の画像3枚では、十二支の絵柄(中央)の印の、直ぐ左下の四角い印の文字が、いずれも異なっています。
具体的には、「元旦詣」「朔詣」「十二支詣」の3種があり、元日(1月1日)に「十二支の御朱印」を受けられた場合には「元旦詣」の印を、元日以外の1日に受けられた場合には「朔詣」の印を、それ以外の日に受けられた場合には「十二支詣」の印を、それぞれ押印しております。

 

下の画像の御朱印は、十二支の御朱印(12種類)全てを揃えた方にだけお頒ちする「吉祥来福」の御朱印です。十二支の御朱印全てを揃えた方は是非お申し出下さい。

西野神社 吉祥来福の御朱印

 

当社の場合、どの御朱印も、全て社務所で墨書・押印・頒布しており(授与所では対応しておりません)、原則として、御朱印をお頒ちする時間は毎日午前9時から午後4時半までの間です。御朱印を受けられる方は、その時間内に社務所までお越し下さい。
但し、三が日(1月の1日・2日・3日)と秋まつりの2日間(毎年9月の「敬老の日」の前の土曜と日曜)については、職員多忙により、御朱印を受けに来られる皆様方の御要望に対応しきれないため、申し訳ありませんが書き置きの御朱印(予め別紙に書いて押印したもの)をお頒ちする形での対応とさせて戴いております。御了承下さい。

 

なお、いつもこのブログを読んで下さる方にとっては「今更何を」といった内容になってしまいますが、一応、御朱印に関する「お約束」として改めて説明させて頂きますが、当社に限らず神社の御朱印というものは、単なる記念スタンプの類ではなく、その神社をお参りした「証」として拝受すべきものです。ですから、神社に来るなり先ず真っ先に御朱印を受けて、その後は社殿前でお参りする事もなくさっさと神社から立ち去ってしまう、というのでは、残念ながら御朱印を受ける意味は全くありません。
神社を訪れたら、仮に御朱印の集印が主目的であったとしても、先ずは必ず社殿前で神様にお参りをして、それから御朱印を受けるようにしましょう。

あと、たまに、お一人の方が何冊かの御朱印帳を持ってきて、「私の分と(今日はここにいない)家族(もしくは友達)の分の御朱印帳を持ってきたので、これらの御朱印帳それぞれに御朱印を書いて下さい」と仰る事があるのですが、前述の通り、御朱印というのはあくまでも当人が神社を参拝した「証」であり、お参りしていない方が御朱印を拝受するのは御朱印の趣旨そのものに反する事になるため、こういった場合は、申し訳ありませんがその方御自身の御朱印帳1冊のみに御朱印を墨書・押印させて頂いております。
「かなり遠くから来たので」「ここへはなかなか来れないので、そこを何とか」と言われましても、参拝されていない方に参拝の証である御朱印をお頒ちする事は、私達神社の側としても神様にウソをつく事になってしまうので、そういった御要望にはお応え出来ません。御要望が多くても御朱印帳の発送が出来ないのも、全く同様の理由からです。御理解の程宜しくお願い致します。

ただ、最近のネットニュースなどでは、神社仏閣へ御朱印に受けに来られる方のマナーの悪さばかりがピックアップされる傾向がありますが、幸いにも当社の場合、御朱印を受けに来られる参拝者はマナーの良い方ばかりで、神職や巫女に対して怒鳴ったり理不尽な要求をされるような方は、有り難い事にほぼ全くおりません。皆様方の御理解・御協力には、改めてこの場にて感謝申しあげます。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

夏越大祓の御案内と、人形(ひとがた)の使い方

当社では、毎年6月(夏越)と12月(師走)のそれぞれの晦日(最終日)に、氏子・崇敬者の皆様方がこの半年間に知らず知らずのうちに起こしたり犯したりしてしまった様々な過ち・罪・穢れ等を、「人形」(ひとがた)という、人の形をした紙製の形代(かたしろ)に移して祓い清め、併せて、普段運転したり乗車したりしている車に今後もしかすると降りかかってしまうかもしれない災難を車の形をした形代に移して交通安全も願う、「大祓」(おおはらえ)という神事を斎行しています。

今年の「夏越の大祓」も、例年通り今月30日、午後3時から拝殿前(但し雨天時は拝殿内)で斎行致します。当日御都合の良い方は是非御参列下さい。
以下の写真3枚は、いずれも、当社拝殿前で昨年6月30日に斎行された大祓式の様子です。本年の「夏越の大祓」も、例年通りこのような形で執り行います。

平成30年 西野神社 夏越大祓式
平成30年 西野神社 夏越大祓式
平成30年 西野神社 夏越大祓式

 

どなたでも御使用戴ける形代一式が入っている紙袋(一セットにつき、人形5枚と、車の方代1枚)は、拝殿向拝に設置している賽銭箱の右隣に置いてある、平たい木箱の中に入っておりますので、どうぞ御自由にお使い下さい。社務所玄関内の窓口でも頒布しております。

形代のうち、人形(ひとがた)には、一体毎にお一人のお名前・性別・年齢を、また車の形代には、普段乗っておられる車のナンバーを、それぞれ御記入してお納め下さい。「必ずこのように書かなくてはいけない」という厳密な決まりはありませんが、書き方の一例の写真を以下に貼付致します。
年齢は、原則として満年齢ではなく数え年で御記入戴いておりますが、もし御自分の数え年が分からない場合は、年齢ではなく生年月日をお書き戴いても構いません。

大祓の人形(ひとがた)と車の形代

 

なお、当社へ人形(ひとがた)を納められる方は、人形への記入を終えた後、その人形で御自身(人形に記されているお名前の方当人)の身体を上から順(頭・額・胸・腹・両手・両足の順)に撫で清め、更に、御自分の罪穢れが人形に乗り移るように祈念を込めながら、その人形に息を3度吹きかけて下さい。もし体に不調な箇所がある場合は、特にその箇所を重点的に、人形で撫で清めます。
以下にその所作を収録した動画を貼付致しますので、宜しければこの動画も参考にして下さい。

 

使用した形代(記入し、撫で清め、息を吹きかけたもの)は、必ず、夏越の大祓当日(6月30日)の午後3時までに当社にお納め下さいますようお願い致します。
直接当社へ御持参される場合は、拝殿向拝に設置している賽銭箱のすぐ隣に置いてある専用の木箱(下の写真の、お宮の形を模した木箱です)にお納めになるか、もしくは、社務所授与所等の窓口に詰めている神職か巫女に直接お渡し下さい。
恐れ入りますがその際、形代の紙袋に、形代と共に初穂料(あくまでも“お気持ち”なので金額は決まっておりません)もお入れ下さいますよう、宜しくお願い致します。

大祓人形 収納箱

なお、当日「夏越の大祓」に参列された方や、当日参列は出来なかったものの事前に当社に形代を納められた方には、7月1日以降に当社より「茅輪(ちのわ)の輪守り」等の授与品を発送させて頂きます。
但し、形代を入れる専用紙袋の裏面の住所欄が空欄だったり、書かれていても住所の枝番が省略されていたり、達筆過ぎで字の判読が困難な場合などは、申し訳ありませんが授与品が届かない事もあります。御不明な点は当社までお問い合わせ下さい。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

儀式殿は来月下旬に竣工します

西野神社境内(神楽殿跡地)で現在施工中の「儀式殿建築工事」の進捗状況については、本年3月20日付の記事でも紹介しましたが、今回の記事は、その記事の続報です。
今のところ工事は順調に進んでおり、来月下旬には無事竣工する予定です。以下の写真はいずれも、前出の記事をアップして以降に撮影した、最近の、儀式殿建築工事の様子です。このような感じで工事は着々と進んでいます。

西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事
西野神社儀式殿 建築工事

 

なお、儀式殿が建つ前にこの地にあった神楽殿には神殿はありませんでしたが、新しく建つ儀式殿では、殿内で神前結婚式等の神事が執り行われるようになる事から、新たに神殿が設けられます。そのため、儀式殿の竣工時には、西野神社御祭神の御分霊を、本殿から儀式殿の神殿へと奉遷する神事「儀式殿竣工遷座祭」が大祭にて執り行われます。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

中央区伏見の山林にある、西野神社遙拝所の石碑を、久々に見に行ってきました

どちらもかなり昔の記事ですが、平成20年4月3日付の記事平成22年11月10日付の記事では、札幌市中央区伏見の某所(雑木林の中)に立つ、かつて西野神社の遙拝所としての機能を持っていたらしい祠(ほこら)型の石碑を紹介しましたが、私は今日、久々にその石碑を見に行ってきました。

西野神社遙拝所としての機能を持っていた祠
西野神社遙拝所としての機能を持っていた祠
西野神社遙拝所としての機能を持っていた祠

土地の管理者の意向もあって、数十年間、この石碑で神職の奉仕による祭祀等は一切行われていませんが、道路からこの石碑に至るまでの間に生えていたであろう笹は綺麗に刈られており、また、この石碑自体も回りに生えている高い草木によって完全には覆い隠されていない様を見ると、かなり微々たるものかもしれませんが、西野神社の遙拝所としての機能は地元(伏見地区)の一部の人達の信仰心によって今もまだ続いているものと推測されます。

 

下の写真はいずれも当社の歴代宮司の写真で、この石碑は、下の写真の中で一番右の人物である初代社掌(宮司)の野村氏が、当時兼務社のひとつであった西野神社をここから遙拝するために立てたものと推定されています。

西野神社 歴代宮司

 

文責:西野神社権禰宜 田頭