西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

[表紙]

西野神社

記事一覧 過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。

◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。
◆ この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、「表紙」であるこの記事に付けられたコメントは、削除させて頂きます。
◆ このブログを担当している私は西野神社の一職員(権禰宜)です。私は宮司ではありませんので、宮司に対しての質問・問い合わせ等は、このブログのコメント欄に投稿されても私としてはお答え出来ません。御了承下さい。
◆ このブログに表示される広告は、いずれも、このブログが無料で利用出来るブログであるが故に当社や管理人の意向とは無関係に表示されるもので、広告の内容と当社とは一切関係がありません。

この度の台風19号により被災された方々に衷心よりお見舞い申し上げます

数日前から予告されていた通り、史上最大級の猛烈な台風と言われる「台風19号」が関東などを直撃し、関西から東北にかけての広範囲で記録的な大雨をもたらし、その大雨により、全国各地で河川の増水・氾濫やそれに伴う建物等への浸水、がけ崩れなどの土砂災害が発生・拡大しております。

気象庁は昨日の午後から本日未明にかけて、静岡・神奈川・東京・埼玉・群馬・山梨・長野・茨城・栃木・新潟・福島・宮城・岩手の1都12県に大雨特別警報を発表しており、その後、台風の中心が太平洋上へと逸れていったためこれらの警報はいずれも解除されましたが、ひとつの災害で大雨特別警報を発表した都道府県数としては過去最多になりました。

令和元年 台風19号 進路図

 

本日午後9時現在、この台風19号により10県で33人が死亡、6県で18人が行方不明となっており、また、堤防の決壊は6県の21河川24カ所、土砂災害は15都県で56件が確認されています。
そして残念な事に、まだ水が引いていない場所があって被害の全容は分っていないため、今後、被害報告は更に増大する可能性があります。

 

 

現在、自衛隊・消防・警察・海上保安庁などの関係機関が、被災地で懸命の救助活動にあたっておりますが(防衛省では、東日本大震災伊豆大島土砂災害・熊本地震に続き4例目となる、陸海空自衛隊による「統合任務部隊」を編成しました)、災害での救命救助は時間との勝負でもあり、当社神職一同、大神様のお導きと御加護のもと各地での救助活動が迅速に進みます事と、これ以上被害が拡大する事が無い事を、また、被災された方々が一日も早く平常を取り戻せる事を、そして、犠牲となられた方々の御霊の安らかならん事を、心よりお祈り申し上げます。

 

 

なお、「五十鈴川が氾濫し周辺にも浸水」「おかげ横丁、おはらい町が水没」などといった情報が一時ネット上に流れましたが、そういった事実は確認されていません。確かに、五十鈴川の水位は一時、氾濫危険水域を越え、場所によっては河川敷が水没した所もありましたが、その後水位は下がり、現在の伊勢は、ほぼ平常通りです。
今日、実際に伊勢の神宮を参拝された方の話によると、「参道はこの時間でも綺麗に掃き清められていて台風の後というのを一切感じさせません」「おはらい町、台風の後で空いているかと思いきや、激混みでした」との事です。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

第19回 良縁祈願祭の御案内

当社では、異性との良縁・結婚を望まれる適齢期の方々の真摯な思いを、縁結びに大きな御神徳がある西野神社の大神様にお取り次ぎし、御縁に恵まれて親密な交際が始まり、そしてその交際の結果として成婚が一件でも増える事に、微力ながら寄与すべく平成26年の4月以降、不定期に「良縁祈願祭」を斎行しております。

良縁祈願

 

今月初旬から、西野神社公式サイトのトップページで告知させて頂いている通り、通算で19回目となるその「良縁祈願際」を、今月27日(日曜日)の午後3時から当社の社殿にて斎行致します。
良縁祈願祭に御参列(出席)を希望される方は、当社公式サイトの申し込みフォームよりお申し込み戴くか、もしくは電話(西野神社社務所 011-661-8880)にてお申し込み下さい。勿論、可能な方は、直接当社にお越し戴き社務所にてお申し込みされても構いません。

なお、良縁祈願祭にお申込みをされた方は、当日は開始15分前(午後2時45分頃)までに社務所へお越し下さい。また、その際は、神様にお供えする玉串料(初穂料)として4,000円を、紅白の「のし袋」に入れてお納め下さいますようお願い致します。

 

以下の写真4枚は、いずれも、過去当社にて執り行われた良縁祈願祭の様子です。今月の良縁祈願際も、このように、西野神社大前にて厳粛に執り行います。

平成29年5月27日 西野神社 良縁祈願祭
平成30年3月 西野神社 良縁祈願祭
第15回 西野神社 良縁祈願祭
第8回 良縁祈願祭

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

今日は水子供養の霊祭が執り行われました

神道に於ける「水子供養」については平成25年3月3日付の記事で詳述しましたが、今日は当社の祖霊殿で、その水子供養霊祭が執り行われました。下の写真は、本日霊祭が斎行される直前に撮影された、斎場となった祖霊殿です。

西野神社 水子供養祭

 

日本産科婦人科学会では、妊娠22週未満で妊娠が終わる事を「流産」、22週以降で妊娠が終わる事を「死産」としており(但し法令上は、妊娠12週以降に亡くなった胎児の出産を死産としており、手続き上も、妊娠12週以降の死産では死産届が必要となります)、同学会によると、現在の日本では妊娠の15%前後が流産するといわれており、死産は毎年2万件を超えているとされています。
また、厚生労働省の実態調査では、妊娠を経験した女性のうち約4割が流産した事があるという調査結果もあります。
つまり、流産や死産は何ら特別な事ではなく、実際には非常に多くの妊婦さんや御夫婦が、赤ちゃんを亡くすという深い悲しみを経験しているのです。

しかし流産・死産については、世間一般で表立って語られる機会がとても少ないために情報がほとんど共有されておらず、その悲嘆をケアする取り組みもあまり浸透はしていないため、流産や死産を経験した女性は、自分自身に問題があったわけではないと理屈の上では分っていても、感情の上では強い自責の念に責められたり、その深い悲しみを周囲の誰にも相談出来ずに苦しんだり、仮に相談出来たとしても、理解や共感をして貰えず更に落ち込んでしまったり、場合によっては、その相談相手から「もう忘れなさい」「いつまでも引きずっていないで早く次の子供を産みなさい」「泣いていたら亡くなった子供も浮かばれないよ」などと言われて余計に傷付くなどし、悲嘆からいつまでも立ち直れないというケースが少なくありません。

当社では、亡くなった赤ちゃんの御霊(みたま)が安らかである事を祈念すると同時に、水子供養という “ひとつの区切りとなる宗教行為” を神社神道の信仰に則った形で厳粛に執り行う事により、そういった深い悲しみに微力ながらも寄り添い、悲嘆からの立ち直りへの一助となるためにも、御要望に応じてこういった霊祭を執り行っております。
実際には、当社で水子供養の霊祭を行う機会は年に一回有るか無いかなので、頻度としてはかなり珍しい神事なのですが(そもそも水子供養については、「供養」という仏教用語からも、先ずは神社よりもお寺さんに相談・依頼されるという方のほうが多いと思います)、お問い合わせや御要望がある限りは、不定期ながら今後もこういった霊祭は斎行させて頂きます。
但し、前出(冒頭で紹介)の記事の中でも述べたように、その方の家の宗旨によっては残念ながらお断りせざるを得ない事もありますので御了承下さい(原則として、家の宗旨が仏教の方は、水子供養についてはお寺さんに御相談下さい)。

今日の霊祭で斎主を務めたのは私ではありませんでしたが、祖霊殿でその霊祭が斎行されている間、社務により境内の別の場所にいた私も、水子の御霊の安らかなる事を、祖霊殿に向かってそっと祈念させて頂きました…。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

昨日と今日の両日は儀式殿で神前結婚式が斎行されました

昨日(土曜日)と今日(日曜日)の両日は、それぞれ午前11時から、当社の儀式殿に於いて神前結婚式が執り行われました。

当社の場合、儀式殿が建築される前は、神前結婚式は年に1~2回行われる程度で(当社の結婚式受け入れ態勢がまだ完全には整っていなかったため、残念ながら結婚式を積極的にお受けするのは控えておりました)、当時は慶事である結婚式よりも弔事である神葬祭(神式の葬儀)のほうをお受けする機会のほうが多く、そのため2日連続で境内で結婚式が斎行されるような事はまずありませんでしたが、本年6月に儀式殿が竣工して以降は、有難い事に当社で神前結婚式を挙げる事を希望される方が増え、儀式殿にて度々結婚式が執り行われるようになっております。

 

以下の写真はいずれも、昨日当社の儀式殿で執り行われた神前結婚式の様子です。新郎新婦様、そして御両家の皆様方、誠にお目出度うございます!

令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月5日の神前結婚式(西野神社)

 

以下の写真はいずれも、本日当社の儀式殿で執り行われた神前結婚式の様子です。新郎新婦様、そして御両家の皆様方、誠にお目出度うございます!

令和元年10月6日の神前結婚式(西野神社)
令和元年10月6日の神前結婚式(西野神社)

 

なお、当社での神前結婚式は、昨年以前は、斎主と祭員による神職2人、もしくは、神職(斎主)と巫女の組み合わせによる2人で執り行う事が多かったですが(4年半程前に当社で執り行われた私自身の結婚式では神職2人による奉仕でした)、本年からは原則として、神職(斎主)と巫女2人の計3人による奉仕で斎行しており、新郎新婦様の御希望によっては、更に伶人雅楽を奏する人)にも奉仕して戴いております。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭

今月から人形供養を再開致しますが、人形供養への御参列は出来ませんので御了承下さい

当社では、2月15日から3月初旬(毎年ひな祭りの次の日曜日)までと、5月1日から7月末日までと、10月1日から11月末日までのそれぞれの期間、持ち主の方が日頃から可愛がったり飾るなどして大切にされてきた人形・ぬいぐるみ・それらに類する物や、どうしても手放さざるを得なくなったもののゴミとして処分する事は出来ずに困っている曰く付きの人形等を、お預かりしております。

お預かりした人形・ぬいぐるみ等は全て参集殿にて、所謂「人形供養の御祈祷」(人形等のお焚上げに先立つお祓い・清祓いの神事)を行った後、燃える材質のものについては境内焼却炉にて忌火(浄火)でお焚き上げし、燃えない材質のものについては専門のお焚き上げ業者にお焚き上げを委託しております。

人形供養の御祈祷
西野神社参集殿での人形供養の御祈祷
人形供養の御祈祷

 

というわけで、本日(10月1日)から来月30日までの2ヶ月間、当社では随時(曜日に関係なく毎日午前9時から午後4時半までの間)、人形・ぬいぐるみ・それらに類する物等をお預かり致しますので、本年中に当社に人形等を納めたいという方は、それらを当社まで直接持って来られるか、もしくは、郵送や宅急便等で当社までお送り下さい。

なお、5~7月、10~11月の期間については、本年7月までは人形が納められる度に個別に人形供養の御祈祷を執り行い、可能であれば持ち主の方にも御参列して戴いておりましたが、今月からは、個別の人形供養は斎行しない事となり(後述のように合同の人形供養は執り行います)、そのため、申し訳ないのですが人形供養への御参列は御遠慮戴く事になりました。
また、御参列が出来ないため、今月からは、事前の御予約は不要となります(お預かり可能な期間内・時間内であれば、原則として事前の連絡は不要で、いつ持って来られても大丈夫です)。

当社では本年から神前結婚式の斎行件数が一気に増え(昨年までは、折角お問い合わせを戴いても施設・設備の都合上、結婚式はお断りするせざるを得ない状況が少なくはなかったのですが、本年6月に儀式殿が竣工した事により、今年からは結婚式を積極的にお受けしております)、それに伴い、結婚式の親族控室として参集殿を使用する機会も増えたため、今までのように参集殿で随時人形供養の御祈祷を行う事が難しくなり、5~7月と10~11月にかけての期間についても3月同様、個別ではなく合同で人形供養祭を執り行う事になったのですが、この時期の合同の人形供養祭は、参集殿の空き状況等により不定期に行う事になるため、御参列の案内が出来ないのです。
当社の事情によるもので申し訳ないのですが、今月から人形・ぬいぐるみ等のお預かりを再開するにも拘わらず人形供養へのお立ち会いが出来なくなるのは、主にそういった理由によるものなので、恐れ入りますが御了承下さいますようお願い致します。

人形供養につての、その他の詳細については、以下の各項目を御参照下さい。宜しくお願い致します。

 

【初穂料について】
お金はあくまでも「お気持ち」として納めて戴くものなので、厳密に金額を設定しているわけではありませんが、一応の目安として、「人形・ぬいぐるみ等の数や大きさに関係なく、45リットルのビニール袋1袋に収まる程度の量で3千円」を基準に納めて戴いております(人形が1体だけでも、あるいは何十体であっても、1袋以内に収まる量であれば3千円、という基準です)。
そして、45リットルのビニール袋2袋分以上の場合は、1袋分増える毎に2千円ずつ加算させて頂いております。
ちなみに、「45リットルのビニール袋1袋分で3千円」「1袋分増える毎に2千円ずつ加算」というのは、あくまでも、45リットルのビニール袋に「もし」入れたとしたら、という仮定の話、換算の目安であり、人形・ぬいぐるみ等を必ずしも45リットルのビニール袋に入れてこなければいけないというわけではありません。実際には、紙袋、段ボール箱など、どういったものに入れて持って来られても大丈夫です。

 

【神社にお納め出来るもの】
人形やぬいぐるみ、それに類する物全般をお受け致します。
人形であれば、ひな人形五月人形市松人形博多人形フランス人形民芸品の人形こけし女児用玩具の人形アニメキャラやゲームキャラのフィギュア等、どのようなものでもお預かりしており、大きさ・数量・材質は問いません。
ダルマお面羽子板や、人形の絵が描かれた掛け軸なども、「人形に類するもの」としてお預かり致します。
また、本来「人形に類するもの」とは言えないのですが、動物の剥製についても、慣例によりお預かりさせて頂いております。

 

【なるべくなら御自分で処分されたほうが良いもの】
接着剤や金具等で直接人形に固定されている道具や、人形が手に持っていたり背負っていたり被っていたりする小道具などは、その人形と一緒に納めて戴いて構いませんが、その他の道具、例えば、人形が入っていたガラスケースや、段飾りの段、ひな人形などの屏風、人形を梱包している箱などは、場合によってはお預かり出来ない事もあります。
一般に、段飾りのひな人形のセットなどには、人形以外にも豊富な数の道具類が付属しておりますが、そういった道具類は、御家庭で通常に処分されても差し支えありません(気になるようであれば、塩をかけてお清めするなどした上で御処分下さい)。

 

文責:西野神社権禰宜 田頭