西野神社 社務日誌

札幌市西区の西野・平和・福井の三地区の鎮守(氏神様)であり、縁結び・安産・勝運上昇等の御神徳でも知られる西野神社の、公式ブログです。

[表紙]

←過去の記事を検索する場合はここをクリックして下さい。主要な記事がカテゴリー別に分類されています。◆ この記事は、このブログの「表紙」として常にトップに表示されます。 ◆ この記事にコメントを付けるのは御遠慮下さい。誠に勝手ながら、「表紙」であ…

どんど焼き後の、お正月飾り等の処分方法

どんど焼き(神社によって異なりますが、札幌の市内・近郊の神社では、当社を含め1月15日に行われる所が最も多いです)が終わった後は、原則として、ほぼどこの神社も、注連縄や注連飾り、その他お正月関係の飾り物等はお預かりしておりません。それらを…

阪神・淡路大震災から今日で丁度25年が経ちました

今から半世紀前に当る、丁度25年前の今日、平成7年1月17日に、兵庫県淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の大地震が関西地方を襲い、死者6,434名、行方不明者3名、負傷者43,792名、全半壊家屋合計249,180棟(約46万世帯)、一部損壊家屋390,…

お正月行事の最後を締め括る「どんど焼き」が執り行われました

元日である1月1日を「大正月」と云うのに対して、1月15日である本日は「小正月」と云われ、諸説ありますが一般には “この日を以てお正月が終わる日” とされています。 この1月15日は、「小正月」以外にも、「二番正月」「女正月」「花正月」「返り正…

西野神社合同新年会

昨日は午後6時から、西野神社氏子区域のひとつである西野中立地区にある「西野福祉会館」で、西野神社関係5団体(西野神社総代会、西野神社萬燈保存会、西野神社神力會、西野神社敬神婦人会、西野神社氏子青年会皐月会)による合同新年会が開催されました…

西野神社での初詣の様子が、インスタやツイッターに多数アップされております

本年のお正月に西野神社へ初詣された方々や、西野神社で新年の御祈祷を受けた方々、その他の方々が、特に若い世代に人気のあるSNSとして知られる「Instagram(インスタグラム)」や「Twitter(ツイッター)」にアップされている西野神社関係の写真を、以下に…

どんど焼きの日時と注意事項

今年も例年通り、本日(1月7日)から、小正月に当たる今月15日までの9日間、境内の一画に臨時に開設される「納め所」にて、どんど焼きでお焚き上げする各種の納め物(古い注連縄・注連飾り・お正月の飾り物類、神社のおふだ・お守り類、その他神事に関…

令和の御代となってから初めて迎える、西野神社の年末年始

神社にとって年間最大の繁忙期のひとつである、大晦日(昨年12月31日)から三が日(本年1月3日まで)にかけての4日間を、西野神社御祭神の御加護の下、関係者各位の御協力によりまして、幸いにも大きなアクシデントやトラブル等に見舞われる事無く、…

謹賀新年

謹んで新年のお慶びを申し上げます 令和の御代となってから初めて迎える新春、令和二年の年頭に当り、謹みて、全国の神社の本宗である伊勢の神宮の御祭神や、西野神社の御祭神をはじめとする天津神国津神の、日々の広大な御神恩に深く感謝申し上げると共に、…

西野神社で頒布しているお守り一覧(令和元年末現在)

以下の写真2枚は、最新のお守り(授与品の奉製会社から最近当社に納品され、当社の大前にて遷霊願い申し上げたばかりの各種お守り)等が窓口にズラっと並べられている、この時期(年末)の当社授与所の様子です。西野神社のお守りは、原則として毎日、この…

西野神社では今日から “年末年始態勢” がスタートします!

当社では本日(12月25日)を以て、所謂「平時の態勢」から、令和の御代としては初となる「年末年始の特別態勢」へと切り替わりました。どの神社にとっても、年間で最も忙しいのは、例祭(西野神社の場合は秋まつり)の時期(例祭前の諸々の準備期間や、…

西野神社境内のライトアップと夜景

今月から、以下の写真(本日午後4時半頃に撮影)のように、夜間は西野神社境内をライトアップしております。儀式殿のライトアップについては、今回の写真撮影のために特別に照明のスイッチを入れましたが(ですから毎晩この状態ではありません)、拝殿の屋…

当社の手水舎は現在、冬期仕様となっています

当社境内にある「手水舎」は、毎年この時期恒例ですがこの度も、先月末頃に、平時(春夏秋)仕様から冬期仕様へと装いを改めました。以下の写真2枚は、地下水による流水が常時使用可能な、平時仕様の手水舎です。 そして、以下の写真2枚が、冬期仕様となっ…

御祭神・御分霊・御神体・御神札などの関係性を、「ロウソクの火」や「ドラえもんの秘密道具」に置き換えて考えてみると…

前回の記事(今月14日付の記事)の中で私は、『御神霊、御分霊、御神体などを、クラウド、スマホ端末、アバターなどに例えるのはいかにも現代的で、もう若いとは言えない年代になった私にとってはなかなか新鮮な感覚ではありますが、他者に説明する際には…

緊急時における御神体の奉遷

今週、ツイッターで、火災時に神社の御神体をどのように取り扱うべきかが、ちょっとした話題になりました。某神社(神社名は公開されていないので、どこのお宮かは分りません)の本職と思われる巫女さんが呟いた、以下のツイートが、その切っ掛けとなったも…

師走の大祓の御案内

当社では毎年、6月(夏越)末日と、12月(師走)末日の年2回、「大祓」(おおはらい)という神事を斎行しています。「大祓」とは、氏子・崇敬者の皆様方が、日々の生活に於いて知らず知らずのうちに起こしたり犯したりしてしまった様々な過ち・罪・穢れ…

神力會により年末恒例の「煤払い」が行われました

今日は午前10時から、当社の神輿会「西野神社神力會」の会員さん達の御奉仕により、12月恒例行事の「煤払い」(すすはらい)が行われました。 煤払いとは、新年を清々しい気持ちで迎えるため煤や埃を払って清める、所謂 “年末の大掃除” の事で、建物の内…

お正月セット

当社では例年通り、11月下旬から「お正月セット」と称する、年末年始恒例のおふだセットの頒布を始めています。下の写真で巫女が手にしている紙袋が、そのセットです。 このセットは、毎年11月下旬から翌年1月7日までの約1ヶ月半の期間限定で、授与所の…

御朱印背景の絵柄が今日から「冬仕様」に変わります

早いもので、今日から遂に、当年最終月の12月に入りました!さて、9月4日付の記事で詳述した通り、当社でお頒ちする御朱印は本年9月から、参拝者が御持参された御朱印帳に直接押印・墨書はせず、予め別紙に押印・印字した「紙朱印」をお渡しする形での…

西野神社 年末年始の御案内

“光陰矢の如し” という言葉通り、早いもので11月も今日で最終日となり、令和の御代の幕開けとなった本年「令和元年」も、残すところあと一ヶ月となりました。愈々一月後には、どの神社にとっても例祭と共に年間最大の繁忙期である「年末年始」を迎える事に…

フィギュアに霊魂は宿るのか? ボーカロイドキャラクターに霊魂は宿っているのか?

恐らく、昨年5月18日にこのブログにアップした「フィギュア供養」と題した記事を読まれて当社に問い合わされたのではないかと推察しますが、先日、「ボーカロイドのキャラクターに霊魂は宿るのか」というテーマで卒業論文を執筆中という学生さんから、メ…

大嘗祭当日の今日、当社では新嘗祭が執り行われました

9月24日付の記事や昨日の記事で詳述した通り、多くの神社では昨日(14日)もしくは今日(15日)のいずれかに、神社本庁からの通達第八号(令和元年七月十九日付・神社本庁総長名・都道府県神社庁長宛)でいうところの「大嘗祭当日神社に於て行ふ祭祀…

天皇御一代に一度だけの祭祀「大嘗祭」が執り行われます

今日と明日の両日、「悠紀殿」(ゆきでん)「主基殿」(すきでん)「廻立殿」(かいりゅうでん)などを中心とした、皇居 東御苑に特別に造営された、複数の殿舎から成る神殿「大嘗宮」(だいじょうきゅう)に於いて、令和の「大嘗祭」(だいじょうさい)が執…

即位の礼に際しての統理告辞

平成20年11月3日付の記事では、昭和41年に出された神社本庁設立20周年に当たっての統理告辞と昭和43年に出された明治維新百年に際しての統理告辞を、平成22年2月4日付の記事では、平成8年に出された神社本庁設立50周年に当たっての統理告…

儀式殿で「天の岩戸のクラフト祭」が開催されました

一昨日(11月8日)から今日(9日)にかけての、金・土・日の3日間、当社境内の儀式殿にて、手作りの各種工芸品・衣類・雑貨・陶器・小物・アクセサリー等の展示会と販売会を兼ねた、毎年この時期恒例のイベント「天の岩戸のクラフト祭」が開催されまし…

「札幌本 新版」という本で当社が紹介されました

東京都世田谷区玉川台に本社を置く枻(えい)出版社から先月下旬発売されたばかりの新刊『札幌本 新版』で、当社及び当社の御朱印が紹介されました。 この本は、札幌に暮らす人、札幌を愛する人に向けて「札幌での暮らしが3倍楽しくなる本」として6年前に…

敬神婦人会による境内清掃と国旗小旗奉製

今月1日、西野神社敬神婦人会による、毎月1日恒例の「境内清掃」が、午前9時から当社の境内各所で行われました。この境内清掃は、積雪期(12月から翌年3月まで)を除く毎月1日の朝、当社境内で行われているもので、本年はこの日が最後の清掃となるた…

神社ではもうお正月に向けての諸準備を進めています

ほぼ連日「今日も暑いね~」と言っていた夏から、まだそんなに経っていないような気もするのですが、まさに 光陰矢の如し、早いもので今日から11月になりました。お正月まではまだ2ヶ月ありますが、当社に限らず全国各地の神社では、既にお正月に向けての…

西野神社境内の紅葉と、この時期の境内掃除

札幌は今、紅葉の時期を迎えていて、当社境内の木々の葉も鮮やかな赤や黄色に色付いており、それらの木々や葉を見ると、秋がかなり深まってきている事を実感します。木によっては、もう半分以上の葉が散っているものもあり、また、この時期(秋から冬にかけ…

第19回 良縁祈願祭

我が国では、生涯未婚率(50歳の男女で一度も結婚経験がない人の割合を計算した統計上の指標の事で、もっと分かりやすく言い換えると、一生涯独身である可能性が高い人の割合)が毎年上昇し続けており、よく言われている事ではありますが、ここ最近は益々…